世界日報 Web版

中高生は9月1日、小学生は11月30日


対策推進センター、子供の自殺が多い日を調査

 1学期のいじめ、家庭環境の変化などで、18歳以下の通学適齢期の子供の自殺は9月1日が多い(厚生労働省などの調査)と言われてきたが、実は小学生11月30日、中学生と高校生9月1日が最も多いということが、8月7日に行われた自殺総合対策推進センターの調査結果の発表で明らかになった。全国的に同様な傾向があり、学校段階によってこれまでの通例とは違っているという。

 厚生労働省が発表した平成27年度版自殺対策白書(昭和48年度から平成27年度調査)では、18歳以下の自殺数が日別に明らかにされ、9月1日に自殺者数が最多となることが明らかになり、省庁横断的に対策が取られてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ