世界日報 Web版

高校に国際言語文化コースを


ロバート・D・エルドリッヂ

エルドリッヂ研究所所長、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ

 日本人は、最低でも6年間英語を勉強しているにもかかわらず、英会話能力が低い。これは国内で批判されているだけでなく、国際社会からの嘲笑(ちょうしょう)の対象となっている。過去28年以上の日本人と交流した経験から、完璧に流暢(りゅうちょう)に話す人(筆者よりうまい人もいる)から、まったく話せず聞き取れない人、さらには自覚しているよりは理解できるが会話ができない人まで、あらゆるタイプがある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ