世界日報 Web版

小中高生対象、“本物体験”で会話・討論の訓練


小中高生対象、“本物体験”で会話・討論の訓練

9月6日、東京・青海に「英語村」を開業

 児童・生徒を対象に、10年後、20年後、ますますグローバル化が進む社会に対応できるグローバル人材に育ってほしいという願いを込めて設立された「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」(東京都江東区青海・「東京都英語村」)では、9月6日のオープンに向け着々と準備が進められている。児童・生徒の案内役となる「エージェント」や「スペシャリスト」と呼ばれる各プログラムの指導者らは英語を母語とする外国人「イングリッシュスピーカー」で、話せる楽しさ、伝える喜びを体験できる。開業初年度には、すでに約400校5万人の予約が殺到している。(太田和宏)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ