世界日報 Web版

石川県かほく市の県西田幾多郎記念哲学館が注目


石川県かほく市の県西田幾多郎記念哲学館が注目

西田幾多郎の思考過程をたどる、未発表の貴重な資料

 「善の研究」で知られる世界的な哲学者・西田幾多郎(1870~1945)=石川県かほく市(旧石川県河北郡宇ノ気村)出身=の未発表の資料が見つかり、思考過程をたどる上で今後の解明が注目されている。新たに見つかったのは講義用の直筆ノート50冊をはじめ、大量の考察メモ、リポート類などで、西田の遺族が2015年秋、都内の自宅倉庫を整理した際に見つけた。(日下一彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ