世界日報 Web版

「漆芸の魅力を伝える」テーマにシンポジウム


「漆芸の魅力を伝える」テーマにシンポジウム

石川県輪島漆芸美術館で、伝統工芸の奥深さを現代に

 「漆芸の魅力を伝える」をテーマに、大学や大学院で漆工芸を学び、今春卒業および修了した若手作家によるシンポジウムが、今月9日、石川県輪島市の県輪島漆芸美術館で開かれた。学生時代に初めて漆芸に触れた人たちがほとんどで、自己表現の一つの手段として漆芸に挑戦した。伝統工芸の奥深い世界を彼らなりに現代に生かし、それを究めようとする姿が伝わってきた。(日下一彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ