世界日報 Web版

「子どもシェルターおきなわ」2周年でシンポ


「子どもシェルターおきなわ」2周年でシンポ

那覇市でシェルター利用者の生の声を紹介

 虐待や非行、貧困を背景に家庭で居場所を失った未成年者に安心できる場所を提供し、自立を支援するNPO法人「子どもシェルターおきなわ」が開設2周年記念を迎えた。那覇市で行われたシンポジウムでは、「立ち直るきっかけになり、親との誤解が解けた」というシェルター利用者の生の声が紹介された。(那覇支局・豊田 剛)

 大人に裏切り続けられた結果、人を信じられなくなった。家での居場所を失い、お金欲しさに風俗で働き始める。そんな自分が嫌になって何度もリストカットをしてしまう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ