世界日報 Web版

中学生への「避妊」「中絶」教育のプロパガンダと化す「ハートネットTV」


◆放送法4条を無視

 先月、任意団体から一般社団法人になった「放送法遵守(じゅんしゅ)を求める視聴者の会」(百田尚樹・代表理事)が3年前に行った調査によると、「平和安保法制」に関するTBSの報道における賛否バランスは「賛成」15%、「反対」85%だった。TBSに限らず、テレビが偏向報道を続けていることは、この数字が明確に示している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ