世界日報 Web版

ICT教育充実へ、整備目標などの推進計画を


超党派議連が地域格差解消で法案の概要をまとめる

 学校教育での情報通信技術(ICT)活用を目指す超党派の議員連盟(会長・遠藤利明元五輪担当相)は、ICT環境の充実に向けた法案の概要をまとめた。

 コンピューターなどの整備状況に自治体間格差があるため、地域に関係なく教育機会を確保する必要性を強調。国が整備目標などを示した推進計画を作り、財政的、法的措置を講じるよう盛り込んだ。今国会への提出を目指す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ