世界日報 Web版

文科省、国公私立大を一体運営する制度案を示す


地域ごとに新法人を設立、効率的な運営を可能に

 文部科学省は3月27日、地域の国公私立大が新法人を設立し、一体的に運営できるようにする制度案を中央教育審議会の部会に示した。少子化で地方の大学を中心に経営が厳しくなる中、複数の大学がグループになって事務の共同化や役割分担を進め、効率的な運営を可能にするのが狙い。

 文科省は、早ければ来年の通常国会に関連法案を提出し、2020年度の施行を目指す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ