世界日報 Web版

「読む楽しさ、調べる喜び」を児童に 東京都荒川区立赤土小が研究発表


「読む楽しさ、調べる喜び」を児童に

読書意欲を醸成する図書館利活用

 「読む楽しさ、調べる喜び」を味わえる学校図書館利用活動に取り組む、東京都荒川区立赤土小学校は(小島武志校長、1・4年生は2クラス、他各学年3クラス16学級517人)このほど、学校図書館利活用の公開授業・研究発表会を開いた。次期学習指導要領に掲げる「主体的・対話的で深い学び」の実践に向け、小島校長を先頭に教職員が一致団結して取り組んでいる。(太田和宏)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ