世界日報 Web版

官民を挙げて潜水士の育成を目指す


官民を挙げて潜水士の育成を目指す

岩手県立種市高校の海洋開発科

 全国で唯一、潜水士を育成している岩手県立種市高等学校(遠藤拓見校長)の海洋開発科の生徒を確保するため、3月、国土交通省東北地方整備局など関係6者が「潜水士等の担い手確保・育成に係る連携・協力協定」を締結した。潜水士に関連し産官学が手を結ぶのは、これが初めてで、寮の整備事業などが進んでいる。(市原幸彦)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ