世界日報 Web版

家庭内の子供の人権を守れ


秋山 昭八

弁護士 秋山 昭八

 2000年5月、児童虐待防止法が与野党一致の議員立法として成立した。児童虐待の定義を明確に定め、虐待の禁止を法定して、国および地方公共団体に児童虐待の早期発見および被虐待児の迅速かつ適切な保護を義務付け、守秘義務を負う医者や弁護士などが児童相談所に虐待通告した場合は守秘義務違反を問われないと定められるとともに、虐待を行った者は、たとえ親権者であっても刑法上の責任を免れないこと、児童相談所長等は、児童を保護した後、保護者の面会または通信を制限することができることなどを明文で定めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ