世界日報 Web版

スマホの光から灯火の下へ 、青少年を読書に誘おう


浅野 和生

成国際大学教授 浅野 和生

脳の発達にも重大な影響

 「灯火親しむ候」になろうとしている。心地良い秋の夜長に、読書に没頭して時が移るのを忘れるというのは、まことに人間らしい、価値あるひとときである。そして、文字の世界を通じて、生の体験以上の思考と感情の起伏を経験し、感銘を受けることは、人間ならではの境地である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ