世界日報 Web版

現役教師が井の頭池の現状学ぶ


現役教師が井の頭池の現状学ぶ

水生物館飼育展示係・木船氏がレクチャー

 4月から教壇に立ち始めたばかりの若手から、数十年教壇に立ち続けてきたベテランまで男女16人の現役教師が、井の頭自然文化園のセミナー室に集った。集った教師の専門科目は理科だけでなく、数学、音楽、図工と、さまざまだが、「現状を知って、教壇に立ちたい」という意欲は同じ。小学校6年生の理科「生物のくらしと環境」の単元で扱える教材として、湧水が減少、外来種が増殖、水質が悪化する井の頭池の昔と今、「かいほり」の成果などについて、井の頭自然文化園水生物館飼育展示係の木船崇司さんのレクチャーに耳を傾けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP