世界日報 Web版

土器づくりで体感する古代の世界


土器づくりで体感する古代の世界

北海道博物館などがワークショップ

 1万年以上続いたといわれる縄文時代が静かなブームとなっている昨今、実際に縄文土器を作って「縄文の世界」を体験する「ちゃれんがワークショップ」(主催、北海道博物館など)が、このほど江別市内で開かれた。粘土を捏(こ)ねて器を作り乾燥させて、実際に焼いていくという作業を、大人や地元の小学生も加わって行った。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ