世界日報 Web版

大学入試の抜本的改革を 下村博文・文部科学大臣に聞く


500

「日本遺産」創設し観光客倍増を

 下村博文・文部科学大臣(教育再生、東京オリンピック・パラリンピック担当)はこのほど文部科学省大臣室で本紙のインタビューに応じ、これから推進したい教育改革として「大学入試制度」を挙げ、「抜本的に改革したい。100年に一度くらいの大改革だろう」と意欲を示した。また「日本遺産」を創設し、国内外の観光客の倍増を目指していく考えを示した。(聞き手=編集局次長・政治部長 早川一郎、社会部次長 岩城喜之)

 ――これから推進していきたい教育改革は具体的にどのようなものか。

 歴史をつくることをいくつかしたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ