世界日報 Web版

国の安寧害する教科書批判


300

領土を教えるのは基本

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之

 文科省は、教師が学習指導要領の内容を的確に教えるための「手引書」として「学習指導要領解説書」を発行しているが、今回のように「改定時期ではない時」に発行したことは極めて異例である。われわれは安倍内閣の意気込みを汲み取る必要があると思う。

 今回なされた改定の特徴的なところは、事なかれ主義の政治姿勢では避けて通ってきた「領土に関する教育の充実」を改めて強調した点である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ