世界日報 Web版

15周年を迎えた京都市学校歴史博物館


15周年を迎えた京都市学校歴史博物館

教科書や給食の変遷をたどる

 京都の学校の歴史に関する資料の保管や展示を行っている京都市学校歴史博物館(同市下京区)が15周年の節目を迎えた。平成10年の開館以降、さまざまなテーマの展示を行い、体験教室や講座も人気だ。新年度は企画展「小学校の戦前・戦中・戦後」を皮切りにスタートするなど、展示・企画内容の充実を図っている。(池田年男)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ