世界日報 Web版

SNSにのって、いま少女たちの運動が広がる


山田 寛

 少女たちが頑張っている。

 先月15日、125カ国で100万人という大学生、高校生らが「学校スト&街頭デモ」に参加した。気候変動対策促進を訴える「未来のための金曜日」運動。「今行動するか、将来(広がった海で)泳ぐか」といったプラカードがあふれた。

 運動の中心はスウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥーンベリである。彼女は8歳ごろから温暖化を実感してきた。昨年8月、北欧でも熱波と山火事が続き、黙っていられなくなった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ