世界日報 Web版

エリートを驚愕させた「キッス」


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 告白したいことがある。私はロックバンド、キッスのファンクラブ「キッス・アーミー」の会員だ。

 1976年に初めてキッスのアルバムを買った。メーキャップとクレージーなところが気に入り、あっという間にはまってしまった。ポスター、フィギュア、弁当箱を集め、ハロウィーンにはキッスの格好をしてお菓子をねだりに行った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ