世界日報 Web版

米で中国系物理学者が不慮の死、秘密技術移転計画に関与か


ビル・ガーツ

 米国で1日に不慮の死を遂げた中国系米国人物理学者でスタンフォード大学教授の張首晟氏(55)は、世界のハイテク市場を支配する中国政府の秘密計画に関わっていたとされ、自殺との見方に疑念が持たれている。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は11月20日の報告で、張氏が設立したシリコンバレーのベンチャーキャピタル「ダンファ・キャピタル」が中国の産業政策「中国製造2025」と関連があることを指摘。トランプ政権は、2015年に開始された中国製造2025を、米国の技術を盗み出すためのものとみている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ