世界日報 Web版

“晴れ時々曇り”の韓日感情


高 永喆

 韓日の有職者が指摘する両国関係にはユーモアが溢れる。

 韓日感情は「建前では嫌いだが本音では大好きな恋人関係だ」「儒教習慣の韓国は兄(中国)から殴られたことは許せるが、弟(日本)から殴られたことは許せない」。それが本質なのだという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ