世界日報 Web版

暴行疑惑は民主党の時間稼ぎ


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 2人の娘の父親として、娘たちには、尊厳を持って扱われ、性的暴行を決して受けることのない社会に生きてほしいと思う。暴行のようなことがあれば、真剣に受け止めてもらえるそのような社会であってほしいと思う。2人の息子を持つ父親として、しっかりとした裏付けのない訴えのために、人生や名誉が破壊されることのない社会に生きてほしいと思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ