世界日報 Web版

弾劾は民主党の夢物語


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 マイケル・コーエン氏が、トランプ大統領に代わって口止め料を支払ったことで司法取引に応じたことから、民主党が議会で過半数を取れば、ロシアと共謀したとされる件とは全く無関係の問題で大統領を弾劾しようとする可能性が出てきた。だが、そんなことができるはずはない。民主党が上下両院を奪還しても、ポルノ女優に口止め料を支払ったからといって上院の3分の2が大統領の弾劾に賛成する可能性はゼロだからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ