世界日報 Web版

中国通信大手への制裁緩和 政府、議会から懸念の声


ビル・ガーツ

 トランプ米大統領が、中国政府系の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁緩和を商務省に指示したことが、安全保障への懸念から波紋を呼んでいる。トランプ氏は13日、ツイッターで制裁緩和の意向を表明。中国政府からは解除へ圧力がかかっている。

 アレックス・ワン国務次官補(東アジア担当)は15日の上院外交委員会アジア小委員会の公聴会で、トランプ氏が制裁の見直しを商務省に指示したことを明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ