世界日報 Web版

初のP1女性機長誕生


 女性が活躍する職域が拡大している。自衛隊も同様だ。P1ジェット哨戒機を海上自衛隊の部隊で最初に配備・運用している第4航空群第3航空隊(厚木航空基地)に昨年末、初の「女性機長」が誕生した。

 初の女性P1機長となったのは第31飛行隊の荒川美代子1尉(31歳)だ。日本大学経済学部を平成22年3月に卒業し、海自幹部候補生学校(広島県江田島)に一般幹部候補生として入隊。7年間の厳しい訓練・研修を経て、昨年11月9日に、「機長資格」を取得した(朝雲新聞1月4日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ