世界日報 Web版

新政権の親北路線に厚い壁


高 永喆

 今回、野党「共に民主党」の文在寅候補が政権交代を実現した背景には、大型客船「セウォル号」の犠牲者に対する「弔い選挙」、また元秘書室長として自殺した盧武鉉元大統領の「弔い選挙」を演出し扇動した側面があった。

 セウォル号事件は修学旅行する高校生たちの海難事故であるが、それを通して格差社会に対する中間層と庶民層の不満を煽り、就職難に不満を抱える若者たちも巻き込んだ。さらに、支持率を上げるために国民の反日感情を煽りながら、日韓慰安婦合意の見直しと竹島(独島)問題をうまく利用した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP