世界日報 Web版

中国と祝う「70年」


地球便り

 このところ韓国は、戦後70年で安倍晋三首相が発表する談話の内容に神経をとがらせている。加害者として周辺国へのおわびなどに言及しないのではないか、という不信感からだ。この点、自分たちと同じ気持ちを抱いている中国は“仲間”であり、朴槿恵大統領の親中政策もあって両国が反日で結託する光景はもう珍しくなくなった。
 ところで韓国は終戦を、日本に奪われた主権を再び回復したという意味で「光復」と呼び、お祝いの日としてきた。特にこの夏の戦後70年は光復70年として盛大に祝う準備をしており、案の定、中国との共催行事も幾つか組まれている。「上海・重慶臨時政府庁舎のリノベーション」 「韓中抗日闘争歴史記録物特別交流展」「韓中自転車大行進」等々。これらには「民族正気の高揚と歴史意識の確立」が願われているという。

 韓国にとって中国は抗日の同志に違いないが、それは光復までのある一定期間の話で、その後は光復から5年後に勃発した韓国動乱でむしろ中国は文字通り敵だった。民主主義と市場経済という価値観を選択し、独裁国家・北朝鮮と対峙(たいじ)する韓国にとり、共産党一党支配が続く中国は相いれない面も多い。だが、なかなかそういう発想になってくれない。

 最近は“仲間”だった中国が日本と接近している。何のためらいもなく中国と歩調を合わせ、談話にケチをつけるのが「70年」の仕事ではないはずなのだが…。

(U)