世界日報 Web版

米国で拡大する新全体主義


チャールズ・クラウトハマー

反論を封じ込める左派

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】2カ月前、11万人以上が署名した嘆願書がワシントン・ポスト紙に届けられた。地球温暖化に疑義を呈する記事を報じないよう求めるものだ。嘆願書が届いたのは、温暖化は定説ではないとした私のコラムが掲載される前の日だった。

 コラムは予定通り掲載された。しかし私は、この不寛容な態度に勇気づけられた。左派の思想扇動が新局面に入り、これまでのように議論に勝つことよりも、議論そのものをやめさせて、あらゆる反対意見を封じ込めようとしているという私の主張が裏付けられたからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ