世界日報 Web版

国際 rss

米朝首脳会談の中止を通告、トランプ氏が正恩氏に書簡

 トランプ米大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公表し、6月12日に開催を予定していた…

続き

ハスペル米CIA長官が就任、拷問関与疑惑も手腕に期待の声

 トランプ米大統領が中央情報局(CIA)長官に指名したジーナ・ハスペル氏が21日、就任した。同氏は、30年以上…

続き

ハリス駐韓大使内定者

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  ハリー・ハリス駐韓米大使内定者は米中央情報局(CIA)からメダル(Se…

続き

米朝会談、バラ色の幻想は禁物

韓国紙セゲイルボ 冷静に“非核化”の見極めを  外交界には、「失敗する首脳会談はない」という言葉がある。最高指…

続き

米韓首脳会談、米朝仲介果たせなかった文氏

 米国のトランプ大統領と韓国の文在寅大統領による首脳会談がワシントンで行われた。議題の大半は来月12日にシンガ…

続き

トランプ氏、米朝会談の延期示唆

非核化めぐり正恩氏を牽制  トランプ米大統領は22日、開催が予定されている米朝首脳会談について「6月12日に行…

続き

ベトナム残留日本兵、家族の絆の強さ印象づける

 先日NHK・BSで放映された「遥かなる父の国へ ベトナム残留日本兵家族の旅」は、ベトナムに残された家族たちの…

続き

マドゥロ氏の当選認めず、米州14カ国が駐ベネズエラ大使召還

 ブラジルなど米州14カ国は21日、非民主的な政治を続けているベネズエラのマドゥロ大統領が20日の大統領選挙に…

続き

ジーナ・ハスペル、CIA長官に承認される Gina Haspel confirmed

 ついに、抵抗運動は功を奏さなかった。躊躇(ちゅうちょ)する声がたくさんあったにもかかわらず、ジーナ・ハスペル…

続き

「男無罪、女有罪」を糾弾

地球だより  先週末、ソウルで女性だけに参加を呼び掛けた異色の大規模デモ集会があった。発端はある美大の授業でヌ…

続き

深刻化する「ナクバの日」デモ

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 パレスチナに世界が同情 関心集め資金獲得図るハマス  まさか本当にはやるまい…

続き

「南北融和」に脱北者は邪魔? 13人の韓国亡命 送還話が浮上

 2016年4月に中国・浙江省にある北朝鮮レストランの従業員ら13人が韓国に集団脱北した事件をめぐり、韓国の親…

続き

北朝鮮への圧力弱めるな

米コラムニスト マーク・ティーセン 米国の対北戦略は順調 演習への反発は焦りの証拠  北朝鮮が米韓軍事演習に反…

続き

経済的観点に比重を置き過ぎたニューズウィーク日本版の「統一朝鮮」特集

◆対立の構図が崩れる  南北首脳会談、予定されている米朝首脳会談と朝鮮半島をめぐる情勢が激しく動いている。70…

続き

台日の友好関係は相互理解と信頼の上に 謝長廷氏

台湾特集 台北駐日経済文化代表処 代表 謝長廷  中華民国(台湾)の蔡英文総統は、5月20日に就任2周年を迎え…

続き

台湾が中国の経済攻勢に対抗

台湾特集 人材引留めと映像産業育成  米連邦議会上下院でこのほど、米国と台湾の政府高官の相互訪問を解禁する「台…

続き

マルクスの復活:社会主義者の肩書を受け入れて有権者の支持を得る民主党 Resurrection of Marx: Democrats gain voter support by embracing socialist label

 1億人に死をもたらした政治思想は、もはや信用が失墜していると思うだろう。だが、社会主義が再び流行している。 …

続き

イラク議会選でのサドル師勝利にイランの勢力拡大を懸念するFT紙

◆民主的な選挙に驚き  イラク連邦議会選が12日行われ、かつて反米勢力を率いて、米軍を攻撃していたイスラム教シ…

続き

イスラム国、米国内で人材が枯渇 Islamic State terror recruits dry up in U.S.

 米司法省は、過激派組織「イスラム国」(IS)に関連する人物への起訴を2月以降、行っていないことを明らかにした…

続き

米国を勇気づける「働くママ」 ダックワース上院議員

困難に諦めず再起  現職米上院議員として初めて出産した民主党のタミー・ダックワース氏が先月、生後10日の次女を…

続き

中国国産空母、周辺諸国脅かす運用に警戒を

 中国初の国産空母が、遼寧省大連の造船施設を出て周辺海域で試験航行を始めた。動力設備の信頼性、安定性の検証など…

続き

10月からの新会計年度

地球だより  ベトナムで車のノックダウン(組み立て)工場を取材した折、スコールが降り出したことがある。  屋外…

続き

フィリピンの慰安婦像撤去

 フィリピンで活動する中国系団体によって昨年12月にマニラ市内に設置され、物議を醸していた「フィリピン人慰安婦…

続き