世界日報 Web版

国際 rss

台日の友好関係は相互理解と信頼の上に 謝長廷氏

台湾特集 台北駐日経済文化代表処 代表 謝長廷  中華民国(台湾)の蔡英文総統は、5月20日に就任2周年を迎え…

続き

台湾が中国の経済攻勢に対抗

台湾特集 人材引留めと映像産業育成  米連邦議会上下院でこのほど、米国と台湾の政府高官の相互訪問を解禁する「台…

続き

マルクスの復活:社会主義者の肩書を受け入れて有権者の支持を得る民主党 Resurrection of Marx: Democrats gain voter support by embracing socialist label

 1億人に死をもたらした政治思想は、もはや信用が失墜していると思うだろう。だが、社会主義が再び流行している。 …

続き

イラク議会選でのサドル師勝利にイランの勢力拡大を懸念するFT紙

◆民主的な選挙に驚き  イラク連邦議会選が12日行われ、かつて反米勢力を率いて、米軍を攻撃していたイスラム教シ…

続き

イスラム国、米国内で人材が枯渇 Islamic State terror recruits dry up in U.S.

 米司法省は、過激派組織「イスラム国」(IS)に関連する人物への起訴を2月以降、行っていないことを明らかにした…

続き

米国を勇気づける「働くママ」 ダックワース上院議員

困難に諦めず再起  現職米上院議員として初めて出産した民主党のタミー・ダックワース氏が先月、生後10日の次女を…

続き

中国国産空母、周辺諸国脅かす運用に警戒を

 中国初の国産空母が、遼寧省大連の造船施設を出て周辺海域で試験航行を始めた。動力設備の信頼性、安定性の検証など…

続き

10月からの新会計年度

地球だより  ベトナムで車のノックダウン(組み立て)工場を取材した折、スコールが降り出したことがある。  屋外…

続き

フィリピンの慰安婦像撤去

 フィリピンで活動する中国系団体によって昨年12月にマニラ市内に設置され、物議を醸していた「フィリピン人慰安婦…

続き

高句麗を中国の漢に編入した世界百科事典

韓国紙セゲイルボ  サイバー外交使節団バンクはブリタニカ、ウィキペディア等の百科事典と有名歴史教育サイト16カ…

続き

中国通信大手への制裁緩和 政府、議会から懸念の声

 トランプ米大統領が、中国政府系の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁緩和を商務省に指示したことが、安全保…

続き

軍艦「独島」と「馬羅島」

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  排水量1万4000㌧級の大型強襲揚陸艦「独島」はわが国の海軍を象徴する…

続き

今年もスイカの季節に

地球だより  日増しに暑さを増す5月初旬から、スイカ屋が至る所に店を出し始める。商店街や、駅前の路上市場、道路…

続き

台湾国家扱い修正要求の是非

弁護士 秋山 昭八 国家成立条件満たす台湾 中国は一日たりとも統治せず  中国民用航空局は、世界の航空会社の中…

続き

「サイゴン陥落」のデジャブ

韓国紙セゲイルボ 国際詐欺だったパリ和平協定  板門店宣言以後、北核廃棄が終戦宣言と平和協定問題につながり、つ…

続き

米の核合意離脱でシリア緊迫

 8日のトランプ米大統領によるイラン核合意からの離脱の発表を引き金に、内戦下にあるシリアで、合意離脱を支持する…

続き

動物が身近にいる首都

地球だより  ケニアの首都ナイロビは日本人の想像以上に動物がわれわれの日常に現れる。朝は小鳥たちの鳴き声に目を…

続き

人参とこん棒の外交 The Carrot and the stick

 外交官はロバを扱う時、迷っていてはいけない。人参とこん棒は、外交官とロバに正しいことをさせるように仕向けるに…

続き

米大使館移転、和平に向けた道筋を示せ

 米国は在イスラエル大使館を商都テルアビブからエルサレムに移転させた。パレスチナ人による抗議で多数の死傷者が出…

続き

便乗ストで自転車レンタルに支障

地球だより  フランスで1カ月以上続いている国鉄のストライキに合わせ、便乗ストを行う団体が想定外の不便さを利用…

続き

欧州、トランプ外交に対抗

 トランプ米大統領は8日、2015年7月に合意したイランとの核合意から離脱し、解除した対イラン制裁を再実施して…

続き

行き詰まる米の不法移民政策

前年比203%増加  越境してくる全不法移民に刑事責任を問うというトランプ政権の「ゼロトレランス(断固とした措…

続き

ケリー氏の外交は偽善的

米コラムニスト マーク・ティーセン イラン外相と極秘会談 核合意の離脱阻止へ「共謀」  民主党は、民主主義の根…

続き


2 / 24012345...102030...最後 »