世界日報 Web版

国際 rss

連日の国政壟断裁判と関係者らを襲う疲労感

韓国紙セゲイルボ  朴槿恵(パククネ)前大統領と崔順実(チェスンシル)氏をはじめとする国政壟断(ろうだん)事件…

続き

100年ぶりの嵐 街を歩く市民

地球だより  モスクワでこの時期の天敵は、泥水から発生してくる蚊とポプラ(トーポリ)の綿毛。両方にアレルギー体…

続き

中国向けラジオ放送 トランプ政権、予算削減へ

 トランプ政権は、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の予算に大なたを振るい、中国向けのラジオ放送を…

続き

成功法則から外れたサード論議

韓国紙セゲイルボ 慎重さ欠く大統領府の対応  文在寅(ムンジェイン)政府が成功するためには外交安保の軸が堅固で…

続き

龍馬を使う知恵

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  文在寅政府が発足して1カ月が過ぎ、青瓦台(大統領官邸)前の眺めが一変し…

続き

仏との関係強化狙うロシア

 ロシアのプーチン大統領は5月29日、フランスのパリを訪問し、マクロン大統領との初会談を行った。ロシアと一定の…

続き

米司法長官、ロシア疑惑への関与否定

「忌まわしいうそ」と不快感  ロシア政府の米大統領選介入疑惑をめぐり、ジェフ・セッションズ米司法長官は13日、…

続き

戦乱続く中東 ナイチンゲールが泣いている

 2004年5月末、米軍などの「イラク戦争」後も続く戦闘を取材中、武装勢力に惨殺されたビデオジャーナリスト、橋…

続き

パナマ、中国と国交

台湾と断交 運河利用で密接  中米パナマ政府は12日夜(日本時間13日午前)、中国政府との共同声明を発表、中国…

続き

殺人のための特別なチャンス A special time for murder

 神聖な行事には宗教的儀式が伴う。そして、信者らは正しい行いを守ろうとする。しかし、彼らがすることは彼らが何を…

続き

聞きたくない現実

地球だより  フランス人が最も聞きたくないのは「フランスは二流国だ」という言葉だ。どんな国にもプライドはあるが…

続き

欧州で初めて、イスラム教指導者があす「反テロ宣言」

 欧州でイスラム過激派テロ事件が多発している。そのたびにイスラム教への批判、嫌悪(イスラム・フォビア)の声が高…

続き

英国下院総選挙の意味

平成国際大学教授 浅野 和生 解散権復活し民意問う 解かれた任期固定法の呪縛  4月18日、英国メイ首相が下院…

続き

中東政策担うユダヤ4人衆

獨協大学教授 佐藤 唯行 司令塔のクシュナー氏 イスラエル大使は顧問弁護士  先月トランプ米大統領が行った初の…

続き

露が極超音速ミサイル試射

 ロシアは新型の極超音速巡行ミサイル「ジルコン」の試験発射を行った。国防総省は米軍艦艇への脅威になるとして懸念…

続き

止まらぬ大統領のツイート

世界に衝撃と混乱を招く 米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー  10年以上前に「ブッシュ錯乱症候群」を命…

続き

上海協力機構、同床異夢の中露に楔打ち込め

 中国、ロシア、中央アジア4カ国でつくる「上海協力機構(SCO)」の首脳会議が、カザフスタンの首都アスタナで開…

続き

ロシア疑惑、司法妨害に否定的意見多く

前FBI長官は明言せず  ロシア政府による米大統領選介入疑惑で、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官が8日の上院…

続き

文新政権の外交安保政策

現実離れした“橋頭堡”構想 南北関係改善の鍵握る文教授  李明博(イミョンバク)・朴槿恵(パククネ)政権の10…

続き

キリスト教徒の言論の自由が奪われている-宗教放送協会 Faith broadcaster: Christian free speech under assault

 全米宗教放送協会(NRB)の最高責任者は、保守派著名人がトランプ政権で重職を占めていることに元気づけられてい…

続き

英国人は賭け好きという定評がある。ブック…

 英国人は賭け好きという定評がある。ブックメーカーという賭け屋が、競馬やサッカー、さらには選挙やノーベル文学賞…

続き

襲撃から逃げる警備員

地球だより  フィリピンに来た日本人が驚くことの一つに、警備員の多さがあるだろう。銃をぶら下げた警備員は治安の…

続き

モディ政権3周年、「強いインド」へ邁進

 インド人民党(BJP)のモディ政権が誕生して5月26日で3周年を迎えた。昨年のインドのGDP成長率は7%台と…

続き


PAGE
TOP