世界日報 Web版

欧州 rss

仏大統領が懸念の電話

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認める方針を打ち出す中、マクロン仏大統領は4日、トランプ氏と…

続き

日曜の労働は不健康?

地球だより  ポーランド議会は先月24日、小売店の日曜日営業を2020年までに段階的に禁止する法案を可決した。…

続き

英国とEUが離脱清算金基本合意

次の課題は通商協議  英国の欧州連合(EU)離脱の重要案件だった清算金の金額について、EUは11月末までに大筋…

続き

ユンケル氏が描くEU将来像

日本大学名誉教授 小林 宏晨 実現性低い多数決議方式 対外政策は加盟国の守備範囲  2017年9月13日、ジャ…

続き

超高齢化社会バチカンの未来は?

 医療技術の発展で欧米社会では高齢化社会を迎えて既に久しい。ところで、高齢化の最先端を行くのはローマ・カトリッ…

続き

機内食に不満の「和食通」

地球だより  友人のエミリオは最近、日本の航空会社を利用して日本に2週間の旅をした。5度目の日本で、すっかり和…

続き

「ファースト・ドッグ」の不始末

地球だより  欧米の大統領はその王宮や執務室で愛犬を飼うケースが多い。オバマ前米大統領はホワイトハウスで犬(ボ…

続き

「カタルーニャ」問題、新たな欧州の試練に

 スペイン・カタルーニャ州の独立を問う住民投票を実施して1カ月が過ぎた。同州自治権が停止され、独立を主導した州…

続き

バルフォア宣言100年、誇れぬパレスチナの現状

 パレスチナにユダヤ人国家を建設することを支持した英国の「バルフォア宣言」から2日で100年を迎えた。英国のメ…

続き

罷免のカタルーニャ州前首相、亡命を模索か

ベルギーで弁護士に接触  スペインからの報道によると、同国東部カタルーニャ自治州の独立を主導し、中央政府に罷免…

続き

カタルーニャ、「独立宣言」で混乱招くな

 スペインの北東部に位置するカタルーニャ自治州議会は、同州が「独立した共和国」だと明記した宣言を賛成多数で可決…

続き

住民投票の宴のあと

民族独立の大困難時代  スペイン人と結婚し、バルセロナに住む日本人女性から嘆きメールが届いた。先のカタルーニャ…

続き

セクハラ裁判勝利も退職

地球だより  米ハリウッドの大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏(65)が、約30年間にわたり、…

続き

3党連立に不協和音、メルケル独首相の組閣難航も

 メルケル独首相は今週、9月24日の連邦議会選挙(下院)の結果を受け、第4次メルケル政権の発足にいよいよ取り掛…

続き

カタルーニャ独立住民投票、ロシアが偽情報流し干渉

米情報戦専門家  ロシアの情報機関は、スペイン・カタルーニャ自治州の独立を問う住民投票で「フェイクニュースと偽…

続き

欧州のイスラム教徒、40年以内に多数派に

仏経済学者が予測  現状のまま推移すれば、フランスなど西欧の白人人口は減少し、40年以内にイスラム教徒が過半数…

続き

路上に「テロ防止ボラード」

地球だより  欧州の主要都市で「アンチ・テロ壁」やボラード(テロ対策用車止め)の設置がブームとなってきた。その…

続き

マクロン労働改革、仏労組が激しく抵抗

 マクロン仏大統領が改革の目玉の一つと位置付ける労働法改正が、反対派のデモの頻発で強い抵抗に遭っている。就任以…

続き

進まぬ英のEU離脱交渉

日本大学名誉教授 小林 宏晨 現実感覚喪失した英国 「協定無し」の危険性高まる  欧州連合(EU)離脱交渉に際…

続き

ウルグアイの副大統領にトボランスキ氏

「世界一貧しい大統領」夫人  南米ウルグアイで13日、公金の私的利用の疑惑で9日に辞任したセンディック前副大統…

続き

「夜と霧」のヴィクトール・フランクル没後20年

「生の目的」探し、心の病に対処 現代人の魂を癒す精神分析学開拓  生きていると、誰でも一度ぐらいは「何のために…

続き

教育現場は変わるか?

地球だより  夏のバカンスが終わり、新学年の新学期を迎えたフランスの小学校では、発足したばかりのマクロン政権の…

続き

暗中模索のブレグジット

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 厳しい現実が明らかに 離脱後の英国の姿を描けず …

続き


1 / 2012345...1020...最後 »