世界日報 Web版

国際 rss

米で中国系物理学者が不慮の死、秘密技術移転計画に関与か

 米国で1日に不慮の死を遂げた中国系米国人物理学者でスタンフォード大学教授の張首晟氏(55)は、世界のハイテク…

続き

米ユダヤ教会堂襲撃の背景

獨協大学教授 佐藤 唯行 根強く残る白人優越主義 陰謀論を信じ難民を蛇蝎視  10月27日、米ペンシルベニア州…

続き

正男氏暗殺謝罪、北は全てのテロ行為を償え

 昨年2月、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、正男氏が暗殺された事…

続き

20人以上の候補者に公平な討論会を模索する米民主党 Democrats try to level debate playing field for two dozen candidates

 民主党は2020年大統領選でトランプ大統領と戦う対抗馬を選ぼうとしているが、討論会の枠を求めて競い合っている…

続き

ストラスブールのテロ、仏警察が容疑者を射殺

 フランス北東部ストラスブールのクリスマスマーケットで11日夜、銃を乱射し、刃物を振り回し3人を殺害、14人を…

続き

韓国「次期大統領候補」特集 李総理1位も対日問題触れず

国内と北を向いた「積弊清算」  朝鮮半島出身の戦時労働者(いわゆる「徴用工」)の「補償」について韓国大法院(最…

続き

「高句麗の夢」追う韓国

統一国家実現し勢力均衡へ  米中貿易戦争が「米中新冷戦」の様相を呈してきているが、その中で揺れているのが韓国で…

続き

「女性たちの行進」リーダーら反論 Women’s March leaders blame bigotry for issues

 「女性たちの行進」のリーダーらは12日、反ユダヤ主義者だと強い非難にさらされていることについて、その一部は人…

続き

クリスマスの月

地球だより  フィンランド語で12月はヨールクー(joulukuu)と言い、「クリスマスの月」という意味だ。ち…

続き

米、アフリカの兵力削減へ

テロ組織と中露、両方の対応を迫られる  米国防総省が先月、アフリカの対テロ作戦を10%削減する方針を明らかにし…

続き

ロシア、ビジネス課税強化

 原油などエネルギー輸出から得られる収入が減少する中、ロシア政府はビジネスに対する課税を強化し、その穴埋めをす…

続き

固有の魅力失いつつある韓国の観光地

韓国紙セゲイルボ  韓国の旅行収支はここ数年、赤字を抜け出せない。韓国銀行によると、10月の韓国の旅行収支はマ…

続き

光の祭りハヌカ

地球だより  イスラエルでは12月2日夜から8日間にわたりユダヤ教のハヌカ(清めの祭り)が祝われた。「光の祭り…

続き

頼もしい無極隊

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  仁川の永宗島(ヨンジョンド)。漢字では、永遠を表す「永」と床を表す「宗…

続き

恒例となった北朝鮮漁船漂着

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄 “絶対命令”の漁獲量増 増加の一途たどる違法操業  北朝鮮の晩秋から初冬にか…

続き

真の改革精神失ったろうそくデモ

韓国紙セゲイルボ 自己の利益優先、不法も辞さず  敢(あ)えてろうそくデモを語る。ろうそくデモを尊く思う理由は…

続き

仏北東部のXマス市乱射で3人死亡

テロ警戒レベル引き上げ  フランスのカスタネール内相は11日夜、同国北東部ストラスブールのクリスマスマーケット…

続き

混迷するレバノン政局 組閣を妨害するヒズボラ

 主要な18の宗教・宗派が混在する「モザイク国家」レバノンで、5月6日に実施された総選挙の議席が確定し、イスラ…

続き

仏デモ深刻化、国難を招くポピュリズム政治

 無党派ブームで選出されたマクロン仏大統領が、激しさを増す抗議デモを受けて、最低賃金の引き上げ、労働者への優遇…

続き

ブッシュ父大統領の米国、勝ち誇らない外交の力

 先日94歳で死去したブッシュ父41代米大統領。その在任時に駐米記者だった私なりの思いをつづりたい。あの時代、…

続き

核固執は金体制崩壊の火種

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が今年6月12日、米朝首脳会談に応じた狙いは米国から体制を保証してもらうことだ…

続き

仏大統領 デモ沈静化へ国民に謝罪

最低賃金増額など公約  フランスのマクロン大統領は10日夜、4週目を迎えた黄色いベスト抗議運動がエスカレートし…

続き

トランプ政権 「力による平和」で中国に対峙

WT紙コラムニスト ビル・ガーツ氏講演  米ワシントン・タイムズ(WT)紙のコラムニストであるビル・ガーツ氏は…

続き


1 / 27112345...102030...最後 »