世界日報 Web版

再考 オバマの世界観 rss

揺らぐ米国の時代 悪夢の「超大国・中国」

再考 オバマの世界観(26)  オバマ米大統領は米国の「例外主義」を否定する超リベラルな世界観に基づき、「米一…

続き

「核なき世界」構想 逆に拡散のリスクを高める

再考 オバマの世界観(25)  オバマ米大統領はノーベル平和賞の受賞につながった「核なき世界」の理想に基づき、…

続き

士気低下する米軍 リベラルな政策を押し付け

再考 オバマの世界観(24)  米軍がオバマ政権下で苦しんでいるのは、国防費の大幅削減による戦力低下だけではな…

続き

国防費の強制削減 惨事ではなく業績と認識か

再考 オバマの世界観(23)  米国の超大国の地位を支える米軍が、急激な戦力低下を強いられている。その元凶とな…

続き

大手メディアの「偏愛」 過激な過去を追及せず

再考 オバマの世界観(22)  2008年米大統領選投票日の数日前、テレビ番組で著名なベテランジャーナリストの…

続き

反米牧師との師弟関係 黒人解放神学に惹かれる

再考 オバマの世界観(21)  2001年9月11日の米同時テロから最初に迎えた日曜日。前代未聞のテロの衝撃が…

続き

元テロリストとの蜜月 過激な左翼教育を推進

再考 オバマの世界観(20)  「私は爆弾を仕掛けたことを後悔していない。我々はやり足りなかったと感じている」…

続き

ミシェル夫人の過去 反米・反白人学生組織に所属

再考 オバマの世界観(19)  バレリー・ジャレット米大統領上級顧問と共に、オバマ大統領がシカゴで出会ったもう…

続き

腹心ジャレット氏 左翼思想のルーツに共通点

再考 オバマの世界観(16)  オバマ米大統領は1991年にハーバード大学ロースクールを修了した後、コミュニテ…

続き

ACORNの闇(下) 左翼第三政党に入党

再考 オバマの世界観(17)  民主党と共和党の二大政党制である米国で、大統領候補が社会主義を志向する第三政党…

続き

ACORNの闇(中) 大規模な不正有権者登録

再考 オバマの世界観(16)  2008年米大統領選で、過激な左翼団体「即時改革のためのコミュニティー組織協会…

続き

ACORNの闇(上) 金融危機に間接的に加担

再考 オバマの世界観(15)  2008年米大統領選は、9月にリーマン・ショックが発生するまでは大接戦だった。…

続き

もう1人のアリンスキー信者 直接交流重ねたヒラリー氏

再考 オバマの世界観(14)  米国の政界にはオバマ大統領の他に、極左活動家ソウル・アリンスキー氏から大きな影…

続き

活動家から政治家へ オルグ戦術を選挙に応用

再考 オバマの世界観(13)  オバマ米大統領は1985年からシカゴでコミュニティー・オーガナイザー(CO)と…

続き

隠された革命家の素顔 手本は堕天使ルシファー

再考 オバマの世界観(12)  本の著者は、家族や友人ら愛する存在に献辞を記すのが一般的だ。だが、オバマ米大統…

続き

コミュニティー・オーガナイザー、アリンスキー理論を実践

再考 オバマの世界観(11)  2008年8月、米デンバーで開催された民主党全国大会で、当時、上院議員だったオ…

続き

NYで出会った「天職」 草の根で米の左傾化を決意

再考 オバマの世界観(10)  オバマ米大統領は、西海岸ロサンゼルスのオクシデンタル大学で2年間過ごした後、1…

続き

父母に捨てられた過去 孤独な思春期どう影響

再考 オバマの世界観(9)  オバマ米大統領がケニア出身の父親を聖像化していたことは、自叙伝「私の父からの夢」…

続き

ケニア人父からの夢 「反植民地主義」を継承?

再考 オバマの世界観(8)  カンボジア元首相の息子で国際通貨基金(IMF)顧問などを務めたナランキリ・ティッ…

続き

風変わりな祖父 娘と孫に過激教育受けさせる

再考 オバマの世界観(7)  オバマ米大統領が小学生の時、共産主義者のフランク・マーシャル・デービス氏を紹介し…

続き

米国の価値観を激しく嫌悪

再考 オバマの世界観(6) ハワイの「赤い師匠」(下)  オバマ米大統領の自叙伝「私の父からの夢」によると、オ…

続き

ソ連の宣伝工作活動に従事

再考 オバマの世界観(5) ハワイの「赤い師匠」(上)  オバマ米大統領が1995年に出版した自叙伝「私の父か…

続き

大学時代の知人の証言 「マルクス主義を百パーセント信奉」

再考 オバマの世界観(4)  オバマ米大統領は1979年、故郷ハワイを離れ、リベラルアーツ・カレッジの名門校で…

続き


1 / 212

PAGE
TOP