世界日報 Web版

連載 rss

民主派は持久戦の戦略転換を

香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(中)  ――学生を中心とする今回の占拠デモは天安門事件で鎮圧された学生た…

続き

民主派の道路占拠、予想外の長期化に焦りも

香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(上)  香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学…

続き

鍵握る議会での攻防

「雨傘革命」下の香港  揺れる一国二制度の行方(4)  香港の占拠デモは、警官隊の強制排除執行後も、散発的に続…

続き

新文化で「香港人意識」拡大

「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方(3)  「どんなトラブルも私を悩ませない(中略)打算で数えること…

続き

英米の介在を非難する中国

「雨傘革命」下の香港  揺れる一国二制度の行方(2)  中国の習近平国家主席は9日、アジア太平洋経済協力会議(…

続き

非暴力抵抗のシャープ理論、中国は本土への波及警戒

「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方(1)  香港のトップを決める2017年の行政長官選挙の普通選挙改…

続き

忍耐と時間が解決の糸口 「愛港之声」主席 高達斌氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(6)  香港の学生団体ら民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題に対し、親中…

続き

長官選挙全人代決定見直しを 公民党副主席・陳淑荘氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(5)  香港の幹線道路を占拠するデモの行方について民主派政党・公民党の陳淑荘副…

続き

デモ反対署名こそ「民意」 全国人民代表大会代表 呉秋北氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(4)  香港民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題について警察による取り締…

続き

中台統一は香港動向次第 立法会議員・涂謹申氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(3)  香港の占拠デモと民主化動向について史上最多得票で当選した民主党の涂謹申…

続き

高度な自治は独立ではない 民建連副主席 蔣麗芸氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(2)  香港立法会(議会=定数70)で最多の13議席を占める親中派政党・民主建…

続き

対話での解決が最優先 公民党名誉主席・梁家傑氏

揺れる香港 各派リーダーに聞く(1)  香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民…

続き

本紙、残る未公表1本特定 朝日・慰安婦報道の取り消し記事

文化人執筆で「吉田証言」独り歩き  朝日新聞社が、韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の…

続き

朝日新聞・慰安婦報道の取り消し記事、未公表3本を特定

 朝日新聞社は8月5日に、同紙掲載の韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽とし…

続き

朝日新聞の慰安婦大虚報、取り消した記事15本の要約

朝日新聞虚報の“ツケ”(資料集)  朝日新聞は8月5日検証特集で、韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清…

続き

「声」に一つもない国際的影響の指摘 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(下)

被害責任を限定したい本音  朝日新聞は9月11日夜に木村伊量(ただかず)社長が謝罪会見してから1週間ほどの間に…

続き

“批判”のち“エール”が大半の筋 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(中)

社長謝罪後の朝日「声」のページ  朝日新聞は9月11日夜に、「吉田調書」記事への「説明の場を設け」るとして行っ…

続き

鳴りっぱなしの電話を取らない広報 朝日新聞 大虚報の“ツケ”(上)

さらけ出した社と新聞の劣化  「〇〇さんでしたね。あなたの所属は?」  「電話交換課です」  「それは総務局か…

続き

最優先課題、慎重要す消費再増税判断 第2次安倍改造内閣スタート(下)

 「引き続き経済最優先でデフレからの脱却を目指し、成長戦略の実行に全力を尽くす」――。安倍晋三首相は新内閣発足…

続き

政権基盤、全力で「日本取り戻す戦い」を 第2次安倍改造内閣スタート(上)

 安倍晋三首相の「日本を取り戻す戦い」の第2章が始まった。2012年12月26日発足の第2次安倍内閣は、閣僚が…

続き

ネット投票、金融街占拠は違法 「愛護香港力量」招集人 李家家氏

香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方(下)  ――7月1日の民主派組織「民間人権陣線」の大規模デモは香港警…

続き

愛国意識足りない民主派 「愛港之声」主席 高達斌氏

香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方 (上)  香港の民主派が行政長官選挙の真の普通選挙を実現する案が受け…

続き

TPP交渉 共同声明遅れ、困難さ浮き彫り

日米首脳会談 成果と課題(下)  安全保障面ではオバマ米大統領が、沖縄県の尖閣諸島について、日米安全保障条約第…

続き