世界日報 Web版

政治 rss

名護市長選、普天間移設めぐり保守系分裂

「辺野古」推進訴える島袋前市長 末松県議は知事に追随の姿勢  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古…

続き

ねじれ国会解消 粛々とした議事の進行を

 国会は言論の府だ。ケンカ場ではない。しかし、現実は日本一のケンカ場になっている。あの本会議場のデザインの厳(…

続き

景気と再建を追う安倍政権

政治ジャーナリスト 細川 珠生 何が必要か明確に示せ 増税でアベノミクスに不安  第二次安倍政権が発足して、も…

続き

国家戦略特区の実験成功させ経済再生を

 安倍政権が成長戦略の柱としている国家戦略特区法案が今国会で審議入りした。安倍晋三首相は、大胆な規制緩和で民間…

続き

地元紙の自衛隊無視

 島根県松江市で10月26日、『名誉と命を懸けて国土と国民を守る自衛隊』と題し、松江地区防衛協会青年部設立12…

続き

政治家と人間性 NO1に要求される品格

 今の永田町は迫力不足だ。永田町の最大の目標は政権取りの一語に尽きる。相撲の世界では、横綱が取れるほど力がつい…

続き

特定秘密保護法案審議入り

NSC法案と“両輪”今国会成立目指す与党 民主は情報公開法改正案で対抗 完全に賛否割れる新聞    …

続き

天皇の「非政治性」干犯事件

東洋学園大学教授 櫻田 淳 人気で「臣」となる怖さ深刻な山本太郎議員の暴走  10月31日、山本太郎(参議院議…

続き

「天皇の政治利用」に山本太郎議員の処分必要

 山本太郎参院議員(無所属)が、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡したことが、「天皇の政治利用」として指弾されて…

続き

与野党の関係 支離滅裂な政界再編話

 永田町の与党と野党とは仲が悪いようで仲がいい。仲がいいように見えても実はそれほどでもない。この与野党の関係ほ…

続き

北方領土交渉へ環境整備を

 日本とロシアが初の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開催した。防衛交流を拡大することで、北方領土交渉に向…

続き

日本の文化に基づく改憲を

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之   国民を解体する現条文 安保の前提は…

続き

特定秘密保護法案にスパイ防止法案同様の反対紙面を構成した朝日

 ◆多数の賛成を載せず  特定秘密保護法案が国会に提出された翌日、朝日26日付は異様な反対キャンペーンを張った…

続き

欧州経済と武器輸出

濱口和久  航空自衛隊OBで、現在は軍事ジャーナリストとして活躍中の鍛冶俊樹氏が監修をつとめている『現代のミサ…

続き

特定秘密保護法案 与野党の激しい議論を期待

 永田町は日本政治の中心地だ。政府与党をはじめとして与野党の情報が乱れ飛んでいる。終日ここに坐っていても退屈す…

続き

国会を改革し国益追求する新ルールを

 首相や閣僚の国会出席義務を緩和することなどを柱とした改革論議が国会での焦点の一つとなっている。日本の首相は他…

続き

臨時国会、本格論戦 与野党ともやる気十分

 いまの日本の総理大臣の権限は非常に強大で何でもできる立場にある。しかしその強力首相がその権限をやたらに振り回…

続き

原発問題と「自由民主」

事故対策関連記事が増える/五輪招致で首相が国際公約  自民党の機関紙「自由民主」に原発事故対策関連記事が載る頻…

続き

公明党の党外交

中韓関係改善を買って出る/尖閣で折れるなと有識者  公明党の機関誌「公明」11月号は特集「『安定の政治』で挑む…

続き

年金問題押す「プレス民主」

社会保障論議に前政権の矜持/「自由民主」は経済政策訴える  安倍晋三首相が1日、来年4月から消費税率を8%とす…

続き

民主党は当事者意識を持て

 安倍晋三首相の所信表明演説を受けた各党代表質問が衆院本会議で始まった。  安倍政権が「成長戦略実行国会」と名…

続き

国会は建設的で創造的な論戦を

 会期が12月6日までの臨時国会が開幕した。先の参院選で与党が圧勝し、衆参両院で多数派の異なる「ねじれ」解消後…

続き

いよいよ臨時国会 与高野低の政界力関係

 個人対個人のケンカなら腕力の強い方が勝つ。これは当たり前のことだ。しかし集団と集団との争いなら数の多い方が有…

続き