世界日報 Web版

政治 rss

東京都知事選で舛添氏当選、「脱原発」にノーの賢明な選択

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選で舛添要一元厚生労働相が当選した。  舛添氏は2020年の東京五輪・パ…

続き

自公連合の行方 両党の間に隙間風も

 日本中どこを見回しても元気がない。特に政界を眺めると元気のかけらも見当たらない。もちろんいろいろ原因はあるが…

続き

無責任極まる朝毎東

 1月19日、沖縄県名護市の市長選挙が行われた。  結果は、米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古沖への移設に反対…

続き

安定した安倍内閣 実力者を好まない自民党

 厳しい冬も去りつつある。寒い寒いといいながら、やっぱり春を感じるきょうこの頃だ。ところで永田町の春はどんなも…

続き

各党代表質問、政権時の失政に反省ない民主

 安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が行われた。冒頭の質問に立った民主党の海江田万里代表は、安倍政…

続き

通常国会が開幕 活発な与野党論戦に期待

 日本で一番エラい者は誰かという質問に対して、大抵の人は総理大臣と答える。これは間違っていないけれど正確でもな…

続き

都知事選を誤導する「原発」

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 国政と違う地方の選挙 現実的政策、能力、人格見よ  民主主義国家におい…

続き

通常国会開幕、問われる連立政権の真価

 会期が6月22日までの通常国会が開幕した。安倍晋三首相は施政方針演説で今国会を「好循環実現国会」と位置付けた…

続き

共産党の26回大会、「躍進」でも党勢挽回できず

戦後躍進を伏せる暗黒党史  日本共産党の第26回党大会が15日から18日まで行われ、同党機関紙「しんぶん赤旗」…

続き

新執行部の「社会民主」、労組シフト示した論客陣

細る労働界で巻き返しか  社民党は昨年10月14日に吉田忠智党首が就任、党首・幹事長とも自治労出身者となり、新…

続き

自民党の運動方針、120万を目指す党員獲得

改憲へ「対話集会」盛り込む  自民党の第81回党大会が19日に開催され、同党機関紙「自由民主」1月28日号が報…

続き

都知事選告示、複眼的に「首都像」を問おう

 東京都知事選挙がきょう告示される。2020年の東京五輪・パラリンピック開催への本格的な準備が進められる一方、…

続き

名護市長選、それでも辺野古移設を粛々と

 沖縄県米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市の市長選が行われ、移設反対派の現職稲嶺進氏が再選された。しかし、…

続き

憲法改正へ自民党基盤を拡充せよ

 自民党は党大会を開き、「党是である憲法改正の実現に向けて、党全体として積極的に取り組む」とする2014年運動…

続き

自衛隊悪玉論の報道

 今月15日、広島県大竹市の阿多田島沖の瀬戸内海で、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、釣り船が転…

続き

ノシ上がる共産党 甘い誘いに乗せられる若者

 共産党はいまや押しも押されもしない野党の中心的存在としてノシ上がってきた。  共産党がまだ弱小野党であった頃…

続き

共産党の国力衰退させる運動に警戒

 日本共産党の第26回党大会がきょう、静岡県熱海市の会場で始まる。昨年の東京都議選、参院選で議席が増えたことか…

続き

国の法整備が不可欠 山形県議会議員 今井榮喜(えいき)氏に聞く

山形県、水資源保全条例を制定  中国はじめ外国資本が水資源に絡む土地を取得した後に乱開発されていることを受けて…

続き

迫る東京都知事選 首相以上に富裕なポスト

 東京都知事選が迫ってきた。東京都は地方自治体の中で最強最大の存在だ。時には首相と肩を並べるほどの実力者がいた…

続き

米「失望」で勢いづく中韓、首脳会談へ道険し

内外に課題山積の安倍政権 デフレ脱却へ物足りない成長戦略、TPP交渉 負けられぬ選挙 名護、東京  安倍晋三首…

続き

首相年頭会見、徹底議論し「決める政治」貫け

 安倍晋三首相が年頭の記者会見を行い、24日召集予定の通常国会を「好循環実現国会」と位置付け、経済再生とデフレ…

続き

行使できない権利

 日本政府の外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議(日本版NSC)」が、昨年12月4日に発足し、首…

続き

自民1強の時代 驕り高ぶりが最大の敵

 昨年の1月始めと、今年の正月早々の永田町を比べてみると殆ど変わりがない。しかし、この間365日の時間が経過し…

続き