世界日報 Web版

政治 rss

北方領土返還へ行動を

 北方領土返還要求全国大会が2月7日に開催された。昭和56(1981)年以来、毎年2月7日の「北方領土の日」に…

続き

安保法廃止法案、同盟関係弱め国益にそぐわぬ

 昨年成立した安全保障関連法を廃止する2法案を、民主、共産、維新、社民、生活の野党5党が共同提出する準備を進め…

続き

東大に軍事研究の萌芽

 自衛隊専門紙(朝雲1月7日付)に次のような記事が掲載されていた。  自衛隊地方協力本部長の梶原直樹陸将補が、…

続き

甘利氏辞任、国会運営を早急に立て直せ

 甘利明経済再生担当相が辞任した。自らの「政治とカネ」の問題で国政を停滞させてはならないとする決断からだ。景況…

続き

民主党代表質問、改憲に後ろ向きでいいのか

 安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が始まった。野党第1党である民主党の岡田克也代表は、憲法改正に…

続き

施政方針、日本の未来開く「挑戦」を

 通常国会で安倍晋三首相は施政方針演説を行い、経済成長、少子高齢化、厳しい安全保障環境などの懸案に「挑戦」し、…

続き

危機管理の人材育成

 今年4月、防災・危機管理のプロを養成する目的で、東京都世田谷区に日本大学が危機管理学部を開設する。危機管理学…

続き

緊急事態条項、独裁防ぐために法整備が必要

 民主党の岡田克也代表はテレビ番組で、自民党の憲法改正草案に盛り込まれている緊急事態条項について、ナチスが政権…

続き

衆院選挙制度、党利党略超え改革案実現を

 衆院選挙制度に関する有識者の調査会が、大島理森議長に改革案を答申した。  「1票の格差」を是正しつつ、地方に…

続き

各党代表質問、野党は現実的な対抗軸を示せ

 通常国会の各党代表質問が衆参両院で行われた。衆院では北朝鮮による「水爆実験」の発表を受けて「看過できない暴挙…

続き

したたかな共産党 比例票狙いの「統一候補」

勝ち目ない参院1人区  共産党の、2016年党旗びらき(同党の仕事始め)が、1月4日に代々木の党本部で開催され…

続き

国家の「実が固まる」年に

政治ジャーナリスト 細川 珠生 問題対処の諸改革必要 首相に期待したい憲法改正  「丙申」である2016年は、…

続き

中国を利する無責任報道

 昨年は安全保障関連法に始まり、安全保障関連法に終わった1年だったが、今年はどのような1年になるのだろうか。 …

続き

シールズの実態、背後に共産党系民青関係者

創設の主力は愛真高校出身者  安保関連法に反対する国会前抗議行動や反対団体などへの呼び掛けによるデモの主催など…

続き

民主党は社会党の轍を踏むな

 来年の参院選をにらみ安倍晋三首相と会談した橋下徹前大阪市長が憲法改正を求める一方、民主党など野党は憲法9条改…

続き

民間医出身の医官誕生

 自衛隊の福岡地方協力本部で予備自衛官補(技能=医師)として採用され、その後、技能公募予備自衛官として勤務して…

続き

安倍外交、世界平和へ一層の貢献を

 安倍晋三首相は今年、各国首脳との会談のみならず国際会議での発言を通して積極的平和主義に基づく外交を展開した。…

続き

共産党のパラドックス

左翼隠し目立つ「赤旗」/票は伸びたが党勢伸びず  日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」に9日から「『しんぶん赤旗…

続き

公明党の軽減税率、選挙公約の面目が立つ

隔たり超えた安保・税制  自民・公明の与党政策責任者会議が16日に開かれ、2016年度税制改正大綱を決定した。…

続き

自民党の立党60年 「歴史・未来本部」で議論へ

「党の使命」に沿い理念作業  自民党の機関紙「自由民主」(12・8)は11月29日に行われた「立党60年記念式…

続き

民主・維新、与党に現実的な対案示せるのか

 民主党と維新の党は来年の通常国会での統一会派結成で正式に合意した。しかし両党が一致した基本政策を見る限り、与…

続き

「安倍一強」の“閉塞感”打破主張?元首相にスポット当てた新潮、文春

◆角栄氏の人心掌握術  週刊新潮(12月17日号)が「再び振り返る毀誉褒貶(きよほうへん)の政治家の魅力的実像…

続き

拉致事件の解決を期待

 北朝鮮に拉致された日本人が全員日本に帰国する日は来るのだろうか。  平成14(2002)年9月17日、初の日…

続き


20 / 37« 先頭...10...1819202122...30...最後 »