世界日報 Web版

Viewpoint rss

ドブルイニン回想録を読む

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 米ソ舞台裏の一級資料 冷戦時代の元駐米ソ連大使  アナトーリー・F・ドブルイ…

続き

カジノは外国人に限定せよ

弁護士 秋山 昭八 日本は既に依存症大国 飽和状態の市場参入も疑問  超党派国会議員でつくる「国際観光産業振興…

続き

ノーベル賞とユダヤの恩師

獨協大学教授 佐藤 唯行 日本人の化学賞に寄与 欧米の学界で非白人に同情  ノーベル賞を受賞した日本生まれの科…

続き

増え続ける「若年自殺」を憂う

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄 社会的な課題と捉えよ 就活や職場に耐える強靱さを  内閣府の「自殺対策…

続き

中国「法治」後のAPEC外交

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 日中突破口の先は難題 首脳に差つけた多角的会談  中国では今秋、第18期中央委員…

続き

切れ目なき日米防衛協力を

軍事評論家 竹田 五郎 新指針で不測事態防げ 専守防衛政策の見直し必要  日米防衛協力のための指針(以下、指針…

続き

神学で決まる「イスラム国」

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 現実に国となる危険性 部族問題で湾岸諸国が警戒  今年6月29日、イスラーム…

続き

公論を成す「篩」としての新聞

東洋学園大学教授 櫻田 淳 朝日騒動で問われる信頼 越え難い懸隔あるネット言説  朝日新聞が、福島第一原発「吉…

続き

マララ氏のノーベル平和賞

歴史家 金子 民雄 ヴェールに隠れた強さ 複雑なイスラムの女性問題  いま世間が一世を風靡(ふうび)するアベノ…

続き

朝日縮刷版無謬神話の終焉

評論家 大藏 雄之助 消せぬ「吉田証言」記事 誤報を詳細に検証する米紙  ジョージ・オーウェルが1948年に書…

続き

黒田日銀の楽観見通し修正

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫 追加緩和は窮余の一策 更に困難になった出口政策  10月31日…

続き

憲法改正を政治の日程に

評論家 太田 正利 手続き整い次は具体化 国民運動で世論喚起せよ  秋も深まる11月だが、今の世代の人は11月…

続き

歴史的評価高まるレーガン

在米外交評論家 那須 聖 偉大な米大統領に列挙 オバマ氏指導力欠如の中で  筆者は先に「オバマ氏は最悪の大統領…

続き

中国の法制重視を見誤るな

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 法で共産党支配を徹底 民主化や言論の弾圧強化へ  最近、中国共産党の第…

続き

中国利するウクライナ情勢

元統幕議長 杉山 蕃 流出する最新軍事技術 空母、ステルス機に転用も  今回は、膨張著しい中国軍事力と、ウクラ…

続き

共和党追い風の米中間選挙

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 不人気なオバマ大統領 内向き変えた「イスラム国」…

続き

アフリカ支援に環境配慮を

評論家 太田 正利 開発で人災が増す恐れ 深刻なエボラ出血熱の打撃  最近「三菱商事」がアフリカで油田の探鉱権…

続き

自主憲法派の世界連邦構想

大月短期大学名誉教授 小山 常実 無効論を退けた一因に 内閣憲法調査会報告書より  世界連邦構想(幻想)からす…

続き

米世論戦で勝った日露戦争

獨協大学教授 佐藤 唯行 「ユダヤを味方にせよ」 助言得て成功した金子男爵  大国ロシアに対して乾坤一擲(けん…

続き

根本精神曖昧な教育基本法

名寄市立大学教授 加藤 隆 「人格完成」の人間像を 制定過程審議で生じた齟齬  戦後の道徳教育は、一貫して「人…

続き

モンゴル安全保障の難題

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 危うい中露等距離外交 国連や日米の支援に期待感  9月上旬に、日本モンゴル協会の…

続き

「新聞紙の外交論」から考える

東洋学園大学教授 櫻田 淳 言論にも然るべき作法 対中韓批判過ぎれば隘路に  「…随(したがっ)て新聞紙の如き…

続き

新聞と歴史は疑ってかかれ

哲学者 小林 道憲 人間の主観が入る記述 脚色、誇張、歪曲、捏造など  「すべての歴史は現代史である」と言った…

続き