世界日報 Web版

Viewpoint rss

実教出版「日本史」の不採用

弁護士 秋山 昭八 最高裁判例を教科書に 事実に反する国旗国歌の記述  本年4月から使用予定の実教出版の高校教…

続き

『言志四録』で老いを豊かに

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄 節度にある養生の工夫 佐藤一斎の随想録と死生観  古くより、〝日本に『…

続き

「平成版富国強兵」政策の行方

東洋学園大学教授 櫻田 淳 「世界の中の日本」志向を ド・ゴール流の政治に倣え  発足後1年、安倍晋三内閣の対…

続き

靖国参拝問題解決のために

軍事評論家 竹田 五郎 中国の3戦に日本劣勢 行動は慎重に広報は強化せよ  昨年末、安倍総理の靖国神社参拝につ…

続き

国際法上の人道的武力干渉

日本大学名誉教授 小林 宏晨 安保理専権事項に非ず 目標は虐待からの住民保護  基本的人権の保護は、武力禁止と…

続き

諸民族が交差してきたソチ

歴史家 金子 民雄 複雑なカフカスの歴史 難を逃れた遊牧民の仏教徒  2014年の冬季オリンピックが閉幕し、今…

続き

対中対峙の持ち札弱い米国

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 領土問題でやっと反撃 結束必要なアジアの同盟国 …

続き

尖閣領空侵犯措置に万全を

元統幕議長 杉山 蕃 監視能力の強化が必要 各種の対応に訓練を重ねよ  先日、安倍総理は答弁のなかで、東シナ海…

続き

天地人の条件揃う日印関係

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 深い信頼感示すインド 半永久的な結びつきが可能  日印関係がより一層進…

続き

憲法改正は普通に行うべし

評論家 大藏 雄之助 適切に対応する諸外国 日本での矛盾の放置は重大  従来わが国は国家の当然のこととして自衛…

続き

明治海軍のユダヤ製殊勲艦

獨協大学教授 佐藤 唯行 日清・日露戦争で戦果 勝利を助けた英ヤーロー社  未曽有の国難、日露戦争に際し、米英…

続き

仏教キリスト教融合への道

筑波大学名誉教授 加藤 栄一 世界平和の努力を通じ 教派超える称名や神秘体験  世界に22億余人のクリスチャン…

続き

法を超えた日本の家庭家族

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之 弊害ある戦後個人主義 自然や文化伝統とつながれ …

続き

エコノミストに映る日中問題

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫 衝突は世界経済大混乱 対立あっても協力を大きく  尖閣国有化以…

続き

新憲法を生んだアラブの春

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 イスラーム集団と距離 過激派と最後の闘争の時代  アラブの春と呼ばれた連続的…

続き

強い打算で始まる舛添都政

政治ジャーナリスト 細川 珠生 自公と三者三様の思惑 残念な投票率と女性候補不在  国政選挙より長い選挙のはず…

続き

中国宇宙開発戦略に注目を

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 軍と一体化し領域拡大 経済・外交にも巧みに活用  中国は2013年の国内十大ニュ…

続き

張成沢派の粛清続く北朝鮮

山梨学院大学教授 宮塚 利雄 狡兎死して走狗煮らる 人材喪失連鎖する独裁政治  昨年12月8日に、北朝鮮は張成…

続き

特定秘密保護法制定に思う

ロシア研究家 乾 一宇 先進各国より甘い制度 メディアのあり方検討を  我が国をとりまく安全保障環境は、民主党…

続き

名護市長選結果は予想通り

沖縄大学教授 宮城 能彦 「誇り」を傷つけたお金 沖縄問題は県民感情の問題  名護市長選挙が終わった。  結果…

続き

「靖国」不戦の誓い積極発信を

評論家 太田 正利 世界中の戦没者を祀る 戦犯の為にミサをあげた法王庁  昨年末の安倍総理による靖国参拝に対し…

続き

政敵を恩赦した露大統領

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 ソチ五輪控えた配慮か 独がユダヤ系富豪に助け船  ロシア大統領ウラジーミル・…

続き

政治案件「靖国神社」の退場を

東洋学園大学教授 櫻田 淳 純然たる慰霊と鎮魂に 参拝のタイミングには疑問  昨年末、安倍晋三(内閣総理大臣)…

続き


PAGE
TOP