世界日報 Web版

Viewpoint rss

歴史摩擦と「独の教訓」の限界

東洋学園大学教授 櫻田 淳 日中韓に要る同等の努力 違い認識するメルケル首相  日本を含む東アジア諸国にとって…

続き

米・イスラエル関係の葛藤

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 確執と計算が生む危険 首脳間で不信渦巻く核交渉 …

続き

集団安保は積極的平和主義

軍事評論家 竹田 五郎 首相に期待する再検討 武力行使は侵略国への制裁  安倍総理は通常国会で野党議員の質問に…

続き

国家形成を目指すクルド族

評論家 大藏 雄之助 IS駆逐で大同団結か 中東に散る3000万民族  40年ほど以前、私がソ連の特派員をして…

続き

シャルリエブド事件に思う

日本大学名誉教授 小林 宏晨 自由と安全を崩す恐れ 同化が困難なムスリム移民  1月7日パリで12人が殺害され…

続き

台湾に学ぶ豊かな地方造り

沖縄大学教授 宮城 能彦 商売エネルギーが充満 沖縄と似たもてなしの作法  15年前からほとんど毎年のように台…

続き

二桁増額続く中国国防予算

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 習氏の複雑な党軍関係 軍人汚職摘発でアメとムチ  中国では、第12期全国人民代表…

続き

「反ユダヤ不在神話」の崩壊

獨協大学教授 佐藤 唯行 デンマークで乱射事件 ユダヤ人に寛大だった王室  北欧の小国デンマークは欧州先進国の…

続き

暗殺者教団の末裔との遭遇

歴史家 金子 民雄 快楽で若者誘った老人 日本人の想像を絶するIS  過激派組織「イスラム国」(IS)側に拘束…

続き

始まる米大統領選挙レース

在米外交評論家 那須 聖 リベラル潮流に変化か 民主・共和とも指導力が鍵  アメリカでは来年の11月に大統領選…

続き

日米金融緩和政策の比較

鈴木政経フォーラム・経済学博士 鈴木 淑夫 公的資金の投入に差 デフレに陥らなかった米国  日本では、1997…

続き

戦争動員態勢強めるロシア

ロシア研究家 乾 一宇 ウクライナめぐり決意 軍事ドクトリンで記述増加  昨年末、ロシアはウクライナ情勢などを…

続き

大地震は必ず来ると覚悟を

経済ジャーナリスト 尾関 通允 地域差がある地盤強度 不気味な太平洋の沿岸地帯  最初に設問したい。1923年…

続き

「過激組織IS」とイスラーム

東京国際大学名誉教授 渥美 堅持 命令権はアッラーだけ 混乱の利益に群がる残党ら  シリア、イラクに広がる広大…

続き

「平成の養生訓」を考える

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄 性格は健康に影響する こころの養生が長寿の要諦  我が国は超高齢社会の…

続き

歴史教科書に著作権なしか

教育研究者 杉原 誠四郎 疑問ある東京地裁判決 他社記述流用が増える恐れ  昨年、年の瀬も迫った12月19日、…

続き

ISの日本人虐殺事件に思う

元統幕議長 杉山 蕃 過剰反応は思うつぼ 無謀な渡航や取材に規制を  年初からシリア・イラク国境地帯の「イスラ…

続き

西側諸国の対露戦略の弱点

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 軍事から手を引く米国 ドイツでは限界ある指導力 …

続き

日本メディアの「ISIL」呼称

東洋学園大学教授 櫻田 淳 「イスラム国」は不適切 機械的な訳が続く知的怠惰  世界を震撼させている過激集団I…

続き

長期的展望でODA大綱改正を

桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ 積極的平和主義へ一石 国連で相応しい位置を得よ  日本国政府はODA(…

続き

脅かされる在仏ユダヤ社会

獨協大学教授 佐藤 唯行 反ユダヤ主義の主戦場に イスラム原理主義が過激化  1月9日、パリ東部バンセンヌのユ…

続き

習主席が進める新軍事改革

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 国家安全委などを創設 安全保障分野でも権力強大  中国では共産党中央委員会第3回…

続き

大賀ハスに学ぶ教育と歴史

名寄市立大学教授 加藤 隆 啐啄同時の環境が必要 暗記より根拠からの出発を  大賀ハスと呼ばれるハスの花がある…

続き