世界日報 Web版

Viewpoint rss

追い詰められる米共和党

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 州知事選で民主に大敗 拒絶された“トランピズム”…

続き

同一労働同一賃金の実現を

弁護士 秋山 昭八 企業に制度見直しの動き 正規・非正規の待遇差を解消  パート社員が課長や主任に昇進できるよ…

続き

ユンケル氏が描くEU将来像

日本大学名誉教授 小林 宏晨 実現性低い多数決議方式 対外政策は加盟国の守備範囲  2017年9月13日、ジャ…

続き

東京裁判の不消化状態を脱せ

NPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長 久保田 信之 勝者による愚劣な報復 平和条約に基づき全戦犯解放…

続き

米のユネスコ脱退声明

獨協大学教授 佐藤 唯行 事務局長は反米主義者 ロシアが依然影響力を保持  10月12日、米トランプ政権はユネ…

続き

憲法の平和主義とは何か

軍事評論家 竹田 五郎 学ぶべきは「正しい戦争」 核戦力の脅威下にある日本  9月28日付の東京新聞は「憲法と…

続き

日銀の金融政策は本末転倒

鈴木政経フォーラム代表経済学博士 鈴木 淑夫 物価目標にこだわるな 成長と完全雇用維持が重要  日本の株価が、…

続き

習近平一強体制の光と影

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生 強国追求で他国犠牲に 過度の礼賛、個人崇拝の懸念  中国では、5年に1度の最大政…

続き

県民投票煽る翁長県政の末路

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎 何ら権能ない政治ショー 失敗なら県民に責任負わす  先般の総選…

続き

日本は国連改革の先頭に立て

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ 時代遅れで偏った機関 米国のユネスコ脱退は正当  このたびアメ…

続き

クルド人の独立への悲願

ロシア研究家 乾 一宇 部族意識強く抗争絶えず 自治権拡大が現実的選択か  シリア・イラク領域の一部を占拠した…

続き

「大勝」という認識でよいのか

政治ジャーナリスト 細川 珠生 権力濫用の「7条解散」 実現には程遠い「国難」回避  第4次安倍内閣が発足した…

続き

中華民族の夢と台湾の悲哀

平成国際大学教授 浅野 和生 完全統一目指す習主席 抹消される自由・民主・自立  第19回中国共産党大会の政治…

続き

野党混乱で「55年体制」復活へ

東洋学園大学教授 櫻田 淳 「竜頭蛇尾」の希望の党 左派勢力は2割以下に零落  このたびの衆議院議員選挙に際し…

続き

NZの水資源管理に学ぼう

東京財団上席研究員 小松 正之 住民参加し情報も開示 日本はコンクリで生態系破壊  近年、地球生態系に関する世…

続き

改憲派は死滅、改悪派だけ残る

大月短期大学名誉教授 小山 常実 9条2項削除言う党皆無 永久属国化→滅亡路線の選択  10月22日、衆議院議…

続き

侮れぬ中国の「大言壮語」

元統幕議長 杉山 蕃 高い目標掲げ国民鼓舞 「高邁な理念」不在の衆院選  今月は我が国の衆議院選挙が行われ、安…

続き

集中砲火浴びる米IT企業

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき 官民・左右から非難の声 露の選挙介入で問題点露呈…

続き

行き過ぎた「分析知」の弊害

名寄市立大学教授 加藤 隆 孤独に苛まれる子供たち 「関係知」の知恵語る梵我一如  我々がよく目にする植物につ…

続き

若者の生活習慣に潜むわな

メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄 セロトニン欠乏症の危機 よく噛んで偏らぬ食生活を  昨今の欲望氾濫(は…

続き

ソ連の対日参戦、米軍が主導

日本対外文化協会理事 中澤 孝之 米ソで綿密に計画練る ヤルタ密約の内幕明らかに  戦後の日本とロシア(ソ連)…

続き

冷戦下の「ミグ25事件」の教訓

拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長 濱口 和久 「防衛出動」発令されず 北核・ミサ…

続き

有権者が気付かぬ最重要選挙

エルドリッヂ研究所所長、政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ 危機管理できる政権を ビジョンを持つ為政者選べ…

続き