世界日報 Web版

社説 rss

集団的自衛権、日米同盟強化につなげよ

 小野寺五典防衛相はヘーゲル米国防長官と米国防総省で会談し、安倍内閣が閣議決定した集団的自衛権の行使容認につい…

続き

パレスチナ衝突、停戦への努力を加速せよ

 イスラエルとイスラム根本主義組織ハマスが再び衝突、情勢は悪化の一途をたどっている。宿敵である双方に譲り合う可…

続き

挙国一致でイラク分裂の危機打開を

 イラクでは、イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」が「カリフ(預言者ムハンマドの後継者)」を最高指導者と…

続き

北ミサイル発射に甘い対応では付け込まれる

 北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。日本政府は厳重抗議したが、北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否を調…

続き

政務活動費を徹底調査の上で県議は辞職を

 地方議員に支給される政務活動費が適正に使用されているのか、1日に行われた兵庫県議会・野々村竜太郎議員のマスコ…

続き

中国にらんだ日豪連携強化を歓迎

 オーストラリアを訪問している安倍晋三首相はアボット首相と会談し、両首脳は日豪の経済連携協定(EPA)と防衛装…

続き

日朝人的往来、スパイ防止法制定が必要だ

 北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否調査を行うのと引き換えに、政府は独自に科してきた対北制裁の一部を解除する。そ…

続き

ウルムチ騒乱5年、高圧的な少数民族政策改めよ

 中国・新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市で大規模騒乱が発生してから5年が経過した。  騒乱の背景には、漢族支…

続き

漁獲割り当て、持続可能な漁業へ重要な一歩

 持続可能な漁業へ、重要な一歩を歩み出すことになった。水産庁は日本周辺の水産資源の回復を目指す「資源管理のあり…

続き

対北制裁解除、拉致解決に向かうか危惧する

 政府は、北朝鮮に対し日本が独自に科している経済制裁の一部解除を決定した。  安倍晋三首相は北京で開催された北…

続き

景況感悪化、反動減「限定的」と楽観は禁物

 日銀が発表した短観は、4月の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減が響き、企業の景況感が6四半期(1年半)ぶり…

続き

集団的自衛権、余計な制約課せば支障を来す

 政府は閣議で、集団的自衛権の行使を違憲としていた従来の憲法解釈を是正することを決めた。だが、行使の際の国際社…

続き

時代の変化に応じたODA活用を

 政府開発援助(ODA)の基本理念を示す「ODA大綱」改定に関する外務省の有識者懇談会(座長・薬師寺泰蔵慶応大…

続き

司法取引、治安の全体像見据え改革を

 容疑者や被告が捜査機関に協力し、他人の犯罪事実を明らかにすれば、起訴を見送ったり、求刑を軽くしたりする。そん…

続き

電力自由化、原発稼働で供給安定化が先決

 大手電力会社が地域ごとに独占している電力の小売り事業を2016年をめどに全面自由化する内容の改正電気事業法が…

続き

第1次大戦100年、教訓学び抑止力を向上させよ

 1914年のきょう、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで民族主義者のセルビア人青年がオーストリア=ハンガリー…

続き

脱法ハーブ撲滅に向け啓発を強化せよ

 東京・池袋で車が暴走し8人が死傷した。自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で逮捕された男は、脱法ハーブ…

続き

「事実婚」体外受精、医療従事者の倫理観問われる

 不妊治療の一つである体外受精について、全国の産婦人科医師でつくる日本産科婦人科学会(日産婦)が結婚していない…

続き

富岡製糸場の近代化遺産登録の意義大きい

 日本の近代化の原点となった「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)の世界文化遺産登録が決まった。国内の世界文化…

続き

通常国会閉幕、国難に挑むステップとなった

 通常国会が閉幕した。法案成立率97・5%の数字が示す通り、自民・公明連立与党が極めて安定した国会運営を果たし…

続き

教委改革、教組との癒着も断ち切れ

 教育委員会制度を見直す改正地方教育行政法が成立し、ほぼ60年ぶりに制度が改められる。自治体の長(首長)の権限…

続き

ウクライナ東部安定へ露は影響力行使を

 ウクライナでは、大統領選挙後も情勢沈静化の兆しは見えない。まず、注目された話題は、ロシアとウクライナの天然ガ…

続き

医療・介護法が成立、「地域の力」強化のため支援を

 在宅で医療と介護のサービスが受けられる環境を整備するための医療・介護総合推進法が成立した。  サービスの充実…

続き