世界日報 Web版

社説 rss

成人の日、「夢」は国と世界へ繋がる

 きょうは成人の日。総務省のまとめによると今年、新成人となるのは121万人。過去最少を更新するが、貴重なそして…

続き

臨床データ改竄の再発防止へ真相の徹底究明を

 大手製薬会社ノバルティスファーマの高血圧治療薬ディオバン(一般名バルサルタン)の臨床研究データ改竄(かいざん…

続き

「事実婚」体外受精、結婚制度を尊重すべきだ

 日本産科婦人科学会(日産婦)がこれまで夫婦に限定してきた体外受精の対象を、婚姻届を出していない、いわゆる「事…

続き

食品農薬混入の被害拡大阻止に全力挙げよ

 マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズ群馬工場(群馬県大泉町)製の冷凍食品から農薬マラチオンが検出…

続き

一層の離島管理強化で国益守れ

 山本一太領土問題担当相は、日本領海の基点となっていて所有者のいない離島の国有化を加速する方針を明らかにした。…

続き

首相年頭会見、徹底議論し「決める政治」貫け

 安倍晋三首相が年頭の記者会見を行い、24日召集予定の通常国会を「好循環実現国会」と位置付け、経済再生とデフレ…

続き

「強い経済」復活に原発再稼働が不可欠だ

 安倍晋三首相は今年の年頭所感で「『強い経済』を取り戻すべく、引き続き全力で取り組む」と強調した。「強い経済」…

続き

子宮頸がんワクチンを任意接種に法改正すべきだ

 子宮頸(けい)がんワクチン接種によって重篤な副反応が起きるケースが相次ぎ、昨年来大きな問題となっている。  …

続き

安易に家族制度を歪めるな

 婚外子の相続や性同一性障害者の人工授精の子供をめぐって昨年、最高裁は従来の家族制度を踏み出した判断を下し、波…

続き

新年経済、不安拭えぬ消費増税の影響

 「アベノミクス」1年目の昨年は、年末の株価が年初来最高値で終わるなど、成果は総じて上々だったと言える。企業収…

続き

日本の安全保障のため「秘密情報収集機関」の設立を

 今年は、日本が独立国家として国家安全保障上の長年の諸懸案解決を図る年である。その成果次第では、日本の今後の命…

続き

年頭にあたって 未来世代に「倫理的責任」もて

本紙主筆 木下義昭 新たな力で「銀河系統」を解き放て  厳冬の天空に、光り輝く無数の星や銀河…。宇宙の年齢は現…

続き

13年の日本、活気が戻り来年へ期待膨らむ

 「来年こそよい年に変えたい」。毎年そう願いながら、日本はこの十数年間、デフレ経済から抜け出せないまま社会全体…

続き

13年の世界、懸念残るオバマ氏の外交姿勢

 今年は米国でオバマ大統領の2期目がスタートした。だが、この一年で示された大統領の外交姿勢には懸念が残る。  …

続き

辺野古埋め立て申請承認、名護市長選のヤマも越えたい

 沖縄県の仲井真弘多知事が、政府による名護市辺野古沿岸部の埋め立て申請を承認すると表明した。これにより長い間、…

続き

参院選1票の格差の是正に向け選挙制度改革を

 7月参院選の1票の格差をめぐる15件の訴訟の判決が出そろった。最大格差4・77倍に対し、全判決の内訳は「違憲…

続き

安倍首相靖国参拝、「日本の慰霊」内外に発信を

 安倍晋三首相が第2次政権発足から1年となる26日、靖国神社に参拝した。首相による参拝は平成18年8月の小泉純…

続き

14年度予算案はデフレ脱却にはまだ力不足

 2014年度予算案が決まった。一般会計総額は95兆8823億円と過去最大で、13年度補正予算案と合わせた歳出…

続き

訪日客1000万人突破、「観光立国」実現へ課題は多い

 今年わが国を訪れた外国人(推計値)が、政府目標の年間1000万人を突破した。  「観光立国」の実現へ、まずは…

続き

ロシアとの領土交渉を置き去りにするな

 ロシアのプーチン大統領はロシア憲法創設20周年記念日の12日、クレムリンで年次教書演説を行った。国内問題では…

続き

天皇陛下傘寿 これからも国民と共に

 天皇陛下はきょう80歳、傘寿の誕生日を迎えられた。正確な記録が残る推古天皇以来、歴代天皇で在位中に傘寿を迎え…

続き

国民投票年齢の自動的な引き下げは疑問だ

 自民党と公明党は憲法改正のための国民投票の投票年齢について4年間は「20歳以上」に据え置き、その後は自動的に…

続き

景況感改善に消費増税が大きな懸念材料

 景況感の改善が大企業から中小企業にも広がってきたことが、12月の日銀短観で確認された。企業業績の改善は円安・…

続き