世界日報 Web版

社説 rss

「道徳教材」調査、教育関係者の意識改革徹底を

 小中学校での道徳教育に関わる教育委員会、学校の管理職、道徳教育推進教師らは、教育内容を一層充実させるよう意識…

続き

期待も関心も失う海江田体制

 民主党は来週31日、海江田万里代表の執行部における過去1年間を総括する両院議員懇談会を開く。  党勢不振から…

続き

拉致解決に向けモンゴルと連携強化を

 安倍晋三首相はモンゴルのエルベグドルジ大統領と会談し、経済連携協定(EPA)を結ぶことで大筋合意した。  北…

続き

父子DNA訴訟、「公の秩序」守る妥当な判決

 最高裁はDNA型鑑定で血縁がないことが証明された場合でも法律上の父子関係を認めるべきだとの判決を下した。これ…

続き

海の日、海洋国家への戦略再構築を

 きょうは「海の日」。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とする国民の祝日だ。日本…

続き

石油掘削撤収、中国に国際法順守を訴えよ

 中国はベトナムと領有権を争う南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近で行っていた石油掘削作業を、当初予定よ…

続き

少子化非常事態、国と地方で大胆な施策を

 佐賀県唐津市で開かれた全国知事会議で「少子化非常事態宣言」を採択し、国・地方を通じて少子化対策に総力を挙げて…

続き

ウクライナでの衝突招いた露の責任は重い

 パレスチナ自治区ガザへのイスラエルの軍事攻撃やイスラム根本主義組織ハマスの反撃などの話題がクローズアップされ…

続き

川内原発の速やかな再稼働を実現せよ

 原子力規制委員会は九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県)の安全対策が新規制基準に「適合している」とす…

続き

滋賀県知事選、慢心戒め丁寧な政権運営を

 滋賀県知事選は、無所属新人で元民主党衆院議員の三日月大造氏が、自民、公明両党が推薦する元経済産業省官僚の小鑓…

続き

W杯閉幕、長期的な若手育成進めよ

 1カ月に及んだサッカーの祭典ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が閉幕した。決勝はドイツが延長の末にアルゼンチ…

続き

集団的自衛権、日米同盟強化につなげよ

 小野寺五典防衛相はヘーゲル米国防長官と米国防総省で会談し、安倍内閣が閣議決定した集団的自衛権の行使容認につい…

続き

パレスチナ衝突、停戦への努力を加速せよ

 イスラエルとイスラム根本主義組織ハマスが再び衝突、情勢は悪化の一途をたどっている。宿敵である双方に譲り合う可…

続き

挙国一致でイラク分裂の危機打開を

 イラクでは、イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」が「カリフ(預言者ムハンマドの後継者)」を最高指導者と…

続き

北ミサイル発射に甘い対応では付け込まれる

 北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。日本政府は厳重抗議したが、北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否を調…

続き

政務活動費を徹底調査の上で県議は辞職を

 地方議員に支給される政務活動費が適正に使用されているのか、1日に行われた兵庫県議会・野々村竜太郎議員のマスコ…

続き

中国にらんだ日豪連携強化を歓迎

 オーストラリアを訪問している安倍晋三首相はアボット首相と会談し、両首脳は日豪の経済連携協定(EPA)と防衛装…

続き

日朝人的往来、スパイ防止法制定が必要だ

 北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否調査を行うのと引き換えに、政府は独自に科してきた対北制裁の一部を解除する。そ…

続き

ウルムチ騒乱5年、高圧的な少数民族政策改めよ

 中国・新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市で大規模騒乱が発生してから5年が経過した。  騒乱の背景には、漢族支…

続き

漁獲割り当て、持続可能な漁業へ重要な一歩

 持続可能な漁業へ、重要な一歩を歩み出すことになった。水産庁は日本周辺の水産資源の回復を目指す「資源管理のあり…

続き

対北制裁解除、拉致解決に向かうか危惧する

 政府は、北朝鮮に対し日本が独自に科している経済制裁の一部解除を決定した。  安倍晋三首相は北京で開催された北…

続き

景況感悪化、反動減「限定的」と楽観は禁物

 日銀が発表した短観は、4月の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減が響き、企業の景況感が6四半期(1年半)ぶり…

続き

集団的自衛権、余計な制約課せば支障を来す

 政府は閣議で、集団的自衛権の行使を違憲としていた従来の憲法解釈を是正することを決めた。だが、行使の際の国際社…

続き