世界日報 Web版

沖縄 rss

宜野湾市民訴訟、原告は112人

支援の署名は2万超  沖縄県の米軍普天間飛行場の移設計画に関し、翁長武志知事が名護市辺野古の公有水面埋め立て承…

続き

新年会で保革両陣営が闘志

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  仕事始めの4日、那覇市で経済団体の合同新年会が開かれ、新年早々、沖縄県…

続き

翁長雄志沖縄県知事礼賛に終始する地元2紙

浜比嘉勇・沖縄市議に聞く 「中国の脅威」議論避ける  翁長雄志知事が2014年末に就任して以来、沖縄の地元メデ…

続き

「基地は観光発展を阻害しない」沖縄県経済団体トップ

自民党沖縄県連が新年会―那覇市  自民党沖縄県連は7日、那覇市のホテルで新年会を開いた。来賓あいさつした国場幸…

続き

琉球人民党の肩持つ新報 50年代の武装闘争を黙殺

《 沖 縄 時 評 》 民政府の機関紙不許可は適切  「ルビンの壺」という絵をご存じだろうか。黒地の画面に白地…

続き

子育て支援の財源をめぐってバトル

「財源の根拠」についてのクロストーク  12月26日に行われた立候補予定者討論会で最も熱くなったのは子育て支援…

続き

公開討論会の内容 志村恵一郎氏

《自己紹介》  当初12日に予定されていた公開討論会でしたが、私の父がその前日に亡くなり、日程が変更となりまし…

続き

公開討論会の内容 佐喜真淳氏

《自己紹介》  私は1964年8月9日の生まれで今年51歳になりますが、36歳で市議会議員に立候補し当選しまし…

続き

沖縄選挙イヤー 宜野湾市、県、参院で攻防

 沖縄県で今年実施される三つの選挙が注目されている。1月24日に投開票される宜野湾市長選は、普天間飛行場の移設…

続き

普天間移設賛成の意見書 地方議会の可決数増へ民間から加勢

「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」我那覇 真子代表運営委員に聞く 沖縄県の地元2紙を「正す」という…

続き

辺野古反対運動の同調圧力

詩人・美術評論家・沖縄県文化協会顧問 星 雅彦 沖縄2紙で事大主義に 抑止力働く米軍基地の存在  明治政府の近…

続き

沖縄県民と共に新たなページを

ソフトパワーで日米同盟強化 沖縄・北方担当相 島尻安伊子参院議員に聞く  島尻安伊子沖縄・北方担当相はこのほど…

続き

辺野古移設、抑止力の最前線基地に

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(下)  普天間基地の危険性の除去として名護市辺野…

続き

目覚めよ、沖縄県民(2) 「沖縄は中華系」との誤認識を改めよ

 では、琉球独立論を違った角度から考察していこう。琉球新報は、これまでに「琉球民族の自己決定権」を掲げ、ありも…

続き

目覚めよ、沖縄県民(1) 琉球独立派に屈するな

 筆者はいま、沖縄出身として恥ずかしく、恐ろしいことをしていたと感じている。それは、沖縄生まれにもかかわらず、…

続き

普天間基地、中国の野心阻止へ解決を

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(中)  普天間基地は正式には、米国太平洋軍海兵隊…

続き

普天間移設問題、市民軽視の翁長知事に怒り

宜野湾市民訴訟の初公判  米軍普天間飛行場の移設問題で、同飛行場周辺に住む宜野湾市民12人が沖縄県に対し取り消…

続き

翁長知事の琉球独立外交が始まった年

平成27年の沖縄政局の総括  平成27年という年はどのような年だったのか? 安倍内閣の経済政策や防衛外交につい…

続き

那覇の御成橋が消滅危機に?

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  那覇市の沖縄県庁近くに御成橋がある。昭和天皇が皇太子時代、沖縄を訪問さ…

続き

地に堕ちたテレ朝「報ステ」<English付>

エルドリッヂ研究所代表・政治学博士 ロバート・D・エルドリッヂ 基地映像の印象操作 レーザー照射犯に情状酌量 …

続き

中国の動向、民族の生存拡大が戦略

安保情勢と普天間移設 沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(上)  中国は最近、南シナ海、南沙諸島(スプラト…

続き

普天間返還で違い浮き彫り 宜野湾市長選で討論会

夢を描ける跡地利用を-佐喜真氏   翁長知事と力を合わせて-志村氏  来年1月24日投開票の沖縄県宜野湾市長選…

続き

辺野古移設、知事は国との対立煽るな

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関し、沖縄県は国土交通相が翁長雄志知事による埋め立…

続き


10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »

PAGE
TOP