世界日報 Web版

メディア rss

W杯、五輪を前にチーム、組織の立て直し迫られたサッカー、レスリング協会

◆監督交代に理解示す  サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が6月に迫る。あと2カ月のこのタイミングでの…

続き

インド・米フォーラム アジア太平洋で影響力拡大する中国へ、対応で連携急務

 インドのニューデリーで6、7の両日「インド米フォーラム」が開催され、参加者らは、中国のアジア太平洋地域での勢…

続き

オスプレイ配備めぐり沖縄紙と共に反米・反基地運動の代弁役担う朝日

◆「沖縄差別」は間違い  「沖縄差別だ」。こんな見出しが沖縄の地元紙に躍ったのは6年前のことだった。  201…

続き

米大統領の政策を全否定する日本版NW「日本を救う小国の知恵」特集

◆具体策の提示はなし  少子高齢化、人口減少、地方消滅…。わが国の暗い未来を示す言葉がメディアで繰り返し報じら…

続き

現職敗北の名護市長選 世論調査と報道が裏目に

《 沖 縄 時 評 》 偏り過ぎた地元マスコミ ◆「辺野古」のみ争点に  2月4日の名護市長選で、辺野古移設反…

続き

“民族の血脈”南北鉄道、一日も早い復元を望む

韓国紙セゲイルボ  南北間の緊張緩和の雰囲気を迎えて、足踏み状態の南北鉄道の連結、離散家族の対面など、これまで…

続き

実りの秋は来るのか

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  金正恩・朝鮮労働党委員長が「秋には実りを持って『秋が来た』という公演を…

続き

超強硬派ボルトン氏起用を受けて

韓国紙セゲイルボ 米との緊密協議、最優先を  トランプ米大統領は国家安保問題補佐官としてボルトン元国連大使を選…

続き

大企業製造業2年ぶりの景況悪化にも日経が説くのは「構造改革の推進」

◆簡単でない体質強化  大企業製造業で景況感が2年ぶりに悪化した。日銀が2日に発表した全国企業短期経済観測調査…

続き

対北で置き去り懸念 首相、トランプ氏説得へ

 安倍晋三首相は17~20日訪米し、トランプ大統領と会談するが、米国、韓国、中国が北朝鮮と直接接触する中で、北…

続き

佐川氏証言の「拒否回数」ばかり数え「詳報」はずさんだった朝毎読日

◆産経の阿比留氏指摘  55回(毎日)、50回(日経、読売)、40回超(朝日)。何の数字かというと先週、国会で…

続き

「劣化する伝統宗教」寺院・神社界の“暗部”を暴き出すダイヤモンド

◆頻発する生臭い事件  近年、“終活”という言葉を頻繁に聞くようになった。人口減少による高齢化社会の中で、人生…

続き

佐川氏証人喚問に大山鳴動してネズミ一匹の政治ショーと化す各局

◆思惑絡む政治家出演  年度末にかけて報道番組を騒がせた学校法人「森友学園」との国有地取引に関する財務省の決裁…

続き

「LGBT」の定義 「性」の細分化で混乱

倫理・秩序を破壊する造語 性的指向と性自認を同列にする無理  10年ぶりに改訂された岩波書店の国語辞典「広辞苑…

続き

北朝鮮との核交渉には「プランB」も用意せよ

韓国紙セゲイルボ  米朝首脳会談をよく「世紀の会合」というが、不確定要素が多く、条件はそれほど良くない。北朝鮮…

続き

鉄鋼王・朴泰俊氏の夢

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  時価総額28兆ウォン(約2・7兆円)、従業員1万6500人。韓国企業で…

続き

13年前にも囁かれた北の甘言

韓国紙セゲイルボ 警戒緩めず安保に臨む姿勢を  北朝鮮が核兵器保有を宣言すると、鄭東泳統一相(当時)が2005…

続き

米、予算増額で軍立て直しへ

 連邦予算の成立を受けてマティス米国防長官は27日の会見で、長期的な計画を作成するために必要な財政面での安定性…

続き

米国の貿易制裁措置にそろって「一方的」「独善」と強い批判の各紙

◆最も厳しかった日経  朝日「貿易戦争回避に全力を」、毎日「混乱広げる独善的強硬策」、東京「報復合戦でなく交渉…

続き

「18歳成人」めぐり国防に関わる論議が皆無に等しい「不思議の国」日本

◆欧州で徴兵制復活も  欧州で徴兵制を復活する動きが出ているそうだ。  産経によれば、スウェーデンは1月からロ…

続き

各編集部の「森友・書き換え」特集より読ませた文春の飯島氏コラム

◆テレビと同様の内容  財務省の“文書書き換え問題”は27日の佐川宣寿前国税庁長官の国会証人喚問で局面が動く可…

続き

「出会い系」通い元官僚の中学講演で左派学者使い偏向報道したNHK

◆懲戒処分受けた人物  「国が学校に授業の内容を問いただす異例の事態です」  15日のNHK総合テレビの「ニュ…

続き

「赤旗」に載る社民党大会 参院統一候補目論む共産

共闘呼び掛けに手近な社民  「参院選へ候補者一本化/社民党大会 5野党党首が足並み」。大きな見出しで共産党の機…

続き