世界日報 Web版

メディア rss

NASA、月に帰還へ NASA puts return to moon in crosshairs with ambitious timetable

 米航空宇宙局(NASA)ではこのところ、月への帰還という新たなミッションの話が盛り上がりを見せている。  N…

続き

露、極超音速ミサイルを試射

米との兵器開発競争に拍車  ロシアのプーチン大統領は26日、核搭載極超音速ミサイルを間もなく配備すると発表した…

続き

“韓半島の春”の春らしくない理由

韓国紙セゲイルボ 北の変化なければ危機は高潮  11月の朝米高官級会談が失敗に終わった後、金正恩朝鮮労働党委員…

続き

平成最後の天皇誕生日に「天皇とは」を説く産経の洞察に富む「主張」

◆一般参賀の人出最多  「この20年、長い天皇の歴史に思いを致し、国民の上を思い、象徴として望ましい天皇の在り…

続き

混乱する米の韓半島政策、トランプ氏の関心低下も

韓国紙セゲイルボ  韓国の立場からすれば、ワシントンは1年前よりさらに混乱して見えた。北朝鮮と共にワシントンが…

続き

ユーチューブ政治

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  ドナルド・トランプ米大統領はマスコミを敵対勢力と見なしている。彼に不利…

続き

台湾海峡問題 Trouble in the Taiwan Strait

 文字に書かれなかった法律は、たとえそれがどんなにロマンチックなものであっても、神話にすぎない。それが文字に書…

続き

中国の軍拡黙認し日本の防衛力強化に反対する朝日社説は「必負」の勧め

◆中国側の主張と一致  「敵を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」。中国春秋時代の軍事思想家、孫子の言である…

続き

偏差値を並べた大学受験情報提供の週刊朝日は十年一日の誌面作り

◆予備校の資料を駆使  かつて、新聞社系の週刊誌は、親(おや)メディアの新聞で、受験戦争の過熱ぶりに非難のつぶ…

続き

コロラド州のケーキ職人、再び裁判に巻き込まれる Colorado baker embroiled in another legal battle

 【デンバー】キリスト教徒のケーキ職人、ジャック・フィリップスさんは、同性カップルのウェディングケーキ作りを断…

続き

自己人工授精で出産した女性カップル登場させLGBTの暴走あおるNHK

◆子供の人権を考えず  性の問題を倫理・道徳から切り離し、恋愛や結婚に対して個人の権利からアプローチするのが、…

続き

「立憲民主」の憲法論議 「権力」縛りで論議封殺か

首相は民意得た多数党党首  立憲民主党の機関紙「立憲民主」(11・16)は臨時国会にあたり「『憲法の本質は、国…

続き

「自由民主」入管法改正 「深刻な人手不足」で押し切る

「野党勉強不足」と社民誌に  終幕した臨時国会は出入国管理法改正をめぐる与野党対決に明け暮れ、安倍晋三首相が掲…

続き

密入国に超軽量機、新たな手口 Cartels find new smuggling tactic in ultralight aircraft

 国境警備隊は18日朝、メキシコから国境を越えて、米国内に約50キロ侵入した超軽量飛行機を発見、着陸地点で、密…

続き

正恩氏新年構想を推理、制裁と圧力解除に総力

韓国紙セゲイルボ  年の瀬を迎え、新年の辞を準備中の金正恩労働党委員長の心中を推理してみよう。  今年はひとま…

続き

大きく変化した南北関係を再検証

韓国紙セゲイルボ 北の非核化には支援と圧力必要  2018年はかつてなく南北関係が大きく変化した。2月に北朝鮮…

続き

将来の職業

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  1970年代だけを見ても、小学生たちに「将来、何になりたいか」と尋ねる…

続き

与党税制改正大綱に「増税対策優先」と批判の毎日、意義強調する読売

◆「官邸に追随」と毎日  自民、公明両党は2019年度の与党税改正大綱を決定した。19年度は10月に消費税率の…

続き

イスラエル、中国企業に港の運営委託

米政府が見直し求める  イスラエルの地中海岸ハイファ港の運営を中国政府系企業に委託する合意について米政府が懸念…

続き

小雨がスペインに降った A little rain in Spain

 ヨーロッパは、先祖返りしたように、混乱しているように見える。たった1世紀に2度の破滅的世界戦争を引き起こした…

続き

「反基地無罪」叫び沖縄で違法行為繰り返す過激派を支援する左派紙

◆左翼のノスタルジー  今年、1968年の回顧モノが話題になった。この年、フランスではパリのカルチェラタンを舞…

続き

保守とリベラルのねじれをグローバル化をめぐる対立軸で説明する毎日

◆逆転した保革の主張  サンデー毎日(12月23日号)がトップ記事で「ねじれる保守とリベラル」を載せていて目を…

続き

20人以上の候補者に公平な討論会を模索する米民主党 Democrats try to level debate playing field for two dozen candidates

 民主党は2020年大統領選でトランプ大統領と戦う対抗馬を選ぼうとしているが、討論会の枠を求めて競い合っている…

続き