世界日報 Web版

メディア rss

モリカケ問題の本質 問うべきはルール違反

政治関与は左派のミスリード  月刊誌5月号は、いわゆる「モリカケ問題」を題材に政治と官僚の関係、さらにそれを報…

続き

韓半島統一の機会なら逃すべきでない

韓国紙セゲイルボ  私たちがよく見る韓半島が中心にあって両側に大陸が広がっている世界地図は安定感と均衡感を与え…

続き

20年までの核廃棄求める 河井特別補佐が講演

 自民党の河井克行・総裁外交特別補佐は25日、ワシントンで講演し、トランプ米大統領は米朝首脳会談で、北朝鮮の金…

続き

半導体戦争

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  アリババは中国最大の電子商取引会社だ。英語の講師だった馬雲(ジャック・…

続き

準国賓待遇の金正恩委員長、礼砲や国歌演奏は省略か

韓国紙セゲイルボ  韓国大統領府は金正恩労働党委員長に国賓に準ずる優遇をする見通しだ。分断後、北朝鮮最高指導者…

続き

日米首脳会談の安保・外交で肯定的評価の各紙と、真っ向から否定の朝日

◆日米の強い連携確認  27日の南北首脳会談、その後の6月初旬までに予定される米朝首脳会談は朝鮮半島の安定とと…

続き

財務次官セクハラ疑惑で身内の話には口を閉ざし自己保身に走る朝日

◆解せぬテレ朝の対応  「官庁の中の官庁」とされる財務省の福田淳一事務次官のセクハラ、左派勢力が反原発のホープ…

続き

福田財務事務次官の“セクハラ”問題でメディア側の責任には触れぬ新潮

◆不快な労働環境強要  福田淳一財務事務次官の“セクハラ”問題が収まらない。週刊新潮(4月19日号)で明らかに…

続き

シリア攻撃を評価しながらもトランプ氏の政策に懸念抱く米英各紙

◆縮小する米の影響力  トランプ米政権は、シリア反政府勢力の拠点に対し化学兵器を使用したアサド政権に軍事攻撃を…

続き

IR法案のカジノ論議 本場の対策「公明」が紹介

「自由民主」大阪に強い関心  カジノを含む統合型リゾート(IR)の開業が日程に上りつつある。自民党はIR実施法…

続き

「民進」に「新しい党」 辛くも新党協議立ち上げ

延々と続けた党内論議  民進党の機関紙「民進プレス」は、昨秋の衆院選後の党内論議に明け暮れる同党を反映した紙面…

続き

成果主義より地域特性生かした観光政策を

韓国紙セゲイルボ  国内外の旅行に出掛ける人が増えるとともに、その目的も多様化している。しかし、地方自治体など…

続き

使われなくなる「未亡人」

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「未亡」とは、夫が死んだ時に後を追って死ぬことができず、独りだけ生き残…

続き

米大学「韓米研究所」閉鎖の衝撃

韓国紙セゲイルボ 韓国政府に対する怒りの声も  小説家パール・バック。幼い頃中国に行き18歳まで暮らした。小説…

続き

2期目の黒田日銀の課題に「独立性の信念」を持ち出し批判した毎日

◆異論検討求める朝日  日銀総裁に黒田東彦氏が再任され、黒田日銀の2期目がスタートした。  欧米で金融正常化の…

続き

「子供貧困」の原因である「家庭崩壊」を「差別」にすり替える左派メディア

◆婚外子率が高い沖縄  「差別」。何かにつけてメディアに登場するフレーズだ。昨今は保守、革新を問わず「LGBT…

続き

トランプ米大統領の「月着陸の宇宙計画」に期待を寄せるNW日本版

◆月面下に水の存在?  米国のトランプ大統領は昨年12月、米航空宇宙局(NASA)に対し、将来の火星探査に向け…

続き

左翼に利用されるLGBTブームの「不都合な真実」を暴露した新潮

◆少ない当事者ニーズ  新年度から、福岡市がいわゆる性的少数者(LGBT)カップルの関係を承認する「パートナー…

続き

韓米自由貿易協定の再協議で得たものは

韓国紙セゲイルボ  韓国政府が韓米自由貿易協定(FTA)再協議が妥結したと発表したが、米国は南・北・米首脳会談…

続き

イラン核合意破棄、米朝会談に悪影響 元韓国政府当局者ら

 米国のトランプ大統領は、2015年のイラン核合意の破棄を主張しているが、韓国ではこの問題が、5月か6月初めに…

続き

歴史動かせるか「板門店会談」

韓国紙セゲイルボ 冷戦の幕開けたヤルタ会談  1945年2月、旧ソ連クリミア半島の休養地ヤルタにフランクリン・…

続き

つり橋ブーム

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  江原道の原州市地正面にある艮峴(カニョン)観光地は1970年代~80年…

続き

若者の8割、メディアを信頼せず 米世論調査

 2000年以降に社会人になったミレニアル世代は、メディアをそれほど信頼していない。米ハーバード大学の最新の調…

続き