世界日報 Web版

メディア rss

太陽電池でエネルギー需要を「100%近く」満たせると説くNW日本版

◆太陽光パネル改良版  「建物や車の窓、携帯電話の画面といった透明な面から大量のエネルギーを取り込むことができ…

続き

イランへの対応をめぐるイスラエルのサウジ接近に賛否両論の各紙

◆変わる中東の勢力図  イランとアラブ諸国の対立が激化、イランの宿敵イスラエルをも巻き込み、中東全域に及ぶ大変…

続き

政治家の資質と不倫、指導者には高い倫理観必要

説明責任と私生活は別か、家族への思い語らぬ山尾氏  最近、政治家の不倫騒動が何件か続いたことから、月刊誌12月…

続き

韓国与党代表、米政権の対北強硬姿勢支持

交渉による解決に期待  韓国与党「共に民主党」の秋美愛代表はワシントン・タイムズとのインタビューで、トランプ米…

続き

分岐点に立つ政府と検察の積弊清算作業

韓国紙セゲイルボ  文在寅(ムンジェイン)政府と検察の積弊(積み重なった弊害)清算作業が分岐点に立っている。あ…

続き

“ゴム紐”月探査

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  月は地球から38万㌔離れた、最も近い天体だ。1959年に旧ソ連の月探査…

続き

“トランプ見直し”ブーム

韓国紙セゲイルボ 対北交渉の呼び掛けを評価  ドナルド・トランプ米大統領が日本、韓国、中国などアジア歴訪を終え…

続き

首相の所信表明演説に異なる意味で「物足りぬ」と注文を付けた各紙

◆簡潔だが具体性欠く  安倍首相の17日の所信表明演説は、ボリュームが約3500字と第1次から4次の安倍政権下…

続き

スーダンにロシア製戦闘機、アラブ諸国で初

 スーダンに20日、ロシアから導入する戦闘機スホイ35の第1陣が到着した。調達機数などは明らかにされていないが…

続き

野党の「加計」追及不発を質問時間の減少と野党分裂のせいにする朝日

◆「疑惑」の証拠示せず  「加計騒動」はもはや終わったと言うべきだ。衆院文部科学委員会は15日に加計学園の獣医…

続き

「潔白」を証明しようとせず居直る山尾議員をしつこく追い掛ける文春

◆“嫌がらせ”のレベル  週刊文春(11月23日号)が「禁断愛騒動」の山尾志桜里衆院議員を追い掛け回している。…

続き

「加計」報道で煽った揚げ句「国民の疑念」に固執するNHK「時論公論」

◆首相介入の証拠なし  今年春から続いてきた加計騒動は、学校法人「加計学園」による獣医学部新設が認可されたこと…

続き

「公明」の衆院選分析 6議席減に「力量不足」

小池都知事に手のひら返し  公明党は衆院選で35議席から29議席へ6議席減らした。この後退は敗北といえる。しか…

続き

「自由民主」の衆院選検証 ポピュリズム煽るTVに警鐘

政局報道で立憲に票が集中  衆院選後の自民党の機関紙「自由民主」は、選挙結果を受けた「第48回総選挙分析と検証…

続き

「赤旗」のロシア革命百年 レーニン時代を未だ美化

一党制含めスターリン批判  日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」は、1917年のロシア革命(10月革命)から10…

続き

韓国の内部分裂と韓米日の離間も狙う北朝鮮

韓国紙セゲイルボ  北朝鮮の核開発が体制保障のためのものという点は明らかだが、核挑発は韓半島の核戦争危機を招く…

続き

中国の権謀術数

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  中国の紫禁城の中心、太和殿前の観光客のいない広場に立ったトランプ米大統…

続き

「三不」で韓中関係修復

韓国紙セゲイルボ 米朝対話支援に最善尽くせ  ベトナムのダナンで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC…

続き

大筋合意のTPP11に「保護主義圧力に先手」などと評価した各紙

◆日本の努力を称賛  離脱した米国を除く環太平洋連携協定(TPP)署名11カ国が、閣僚会合で新協定に大筋合意し…

続き

核をてこに北主導の「再統一」狙う金正恩氏

脱北者初の韓国議員 趙明哲氏  1994年に脱北し、脱北者初の韓国国会議員となった趙明哲氏は、ワシントン・タイ…

続き

共産主義の惨禍を隠し歴史を歪曲する朝日のロシア革命100年報道

◆1千万人超が犠牲に  先週の7日はロシア革命から100年。本紙9日付によると、トランプ米大統領はこの日を「全…

続き

EV開発で立ち遅れ大きな岐路に立たされる日本の自動車メーカー

◆世界の潮流はEVに  自動車は今や日本経済の“産業のコメ”となっている。かつて鉄や半導体が日本経済を牽引(け…

続き

東アジアでの強大国政治復活と韓国の選択

韓国紙セゲイルボ  東アジアで強大国政治が復活している。習近平の中国は中華民族の偉大な復興を意味する「中国の夢…

続き


2 / 10112345...102030...最後 »